MOSによる電子回路基礎

池田誠 著

電子工学および関連する学科の電気回路理論、PN接合を中心とする電子デバイスの基礎といった項目を習得した学部学生を主な対象とした。様々な電子機器、制御を活用する理工系の大学学部生にとって身につけておくべき基礎的素養の一つとしてアナログ電子回路の基礎を扱った。近年アナログ電子回路の多くがMOSトランジスタにより構成されるようになったことに対応する内容とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 電子回路と線形回路
  • MOSトランジスタのモデル
  • 小信号等価回路
  • 基本増幅回路1-ソース接地回路
  • 基本増幅回路2-ゲート接地回路、ドレイン接地回路
  • カスコード回路
  • 差動増幅回路
  • カレントミラー
  • フィードバックと回路特性
  • フィードバックと回路の安定性
  • オペアンプ
  • フィードバックと位相補償

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MOSによる電子回路基礎
著作者等 池田 誠
書名ヨミ MOS ニ ヨル デンシ カイロ キソ
シリーズ名 新・電子システム工学 TKR-4
出版元 数理工学社 : サイエンス社
刊行年月 2011.5
ページ数 139p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-901683-77-7
NCID BB05915674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想