京都上賀茂牡丹屋敷の殺人 : 長編推理小説

和久峻三 著

京都上賀茂にある通称「牡丹屋敷」。広大な庭には、約八十種、三千株の牡丹が、色とりどりの花を咲かせていた。屋敷の主は韮崎宗太郎。一代で一部上場会社を築いた立志伝中の人物だ。百人もの客を招いた牡丹鑑賞会の夜、宗太郎の甥が殺された!彼は未解決の轢き逃げ事件の容疑者だったことが判明する。さらに起こる連続殺人の真相とは?赤かぶ検事の名推理。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都上賀茂牡丹屋敷の殺人 : 長編推理小説
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ キョウト カミガモ ボタン ヤシキ ノ サツジン : チョウヘン スイリ ショウセツ
書名別名 牡丹屋敷の殺人
シリーズ名 赤かぶ検事シリーズ わ3-83
光文社文庫 わ3-83
出版元 光文社
刊行年月 2011.5
ページ数 245p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-74947-7
NCID BB12026851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21936480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想