失われた鉄道を求めて

宮脇俊三 著

無駄のない文体と諧謔の裡に、限りなく深い鉄道への憧憬をにじませた宮脇俊三の紀行文学は、歿後もその輝きを失わない。日本国内のみならず、サイパン、ティニアンなどの廃線跡を探訪した本書は、鉄道考古学という新ジャンルを確立しただけでなく、のちの廃線跡ブームの先駆けともなった記念碑的作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 沖縄県営鉄道
  • 耶馬渓鉄道
  • 歌登村営軌道
  • 草軽電鉄
  • 出雲鉄道
  • サイパン、ティニアンの砂糖鉄道
  • 日本硫黄沼尻鉄道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失われた鉄道を求めて
著作者等 宮脇 俊三
書名ヨミ ウシナワレタ テツドウ オ モトメテ
書名別名 Ushinawareta tetsudo o motomete
シリーズ名 文春文庫 み6-7
出版元 文藝春秋
刊行年月 2011.5
版表示 新装版.
ページ数 260p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-733107-8
NCID BB05694961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21938320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想