国史要 : 中等教育

伊藤尾四郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 国勢の変遷 建国の体裁 / 1
  • 第二章 大化以前に於ける重要なる事跡の概括 支那及韓土との関係 / 7
  • 第三章 前章の続 / 14
  • 第四章 氏族部民の制 祭祀教法 / 22
  • (略年表一) / 27
  • 第五章 大化以後延暦以前に於ける重要なる事跡の概括 支那及韓土との関係 / 30
  • 第六章 前章の続 / 35
  • 第七章 制度の概略 / 42
  • (略年表二) / 52
  • 第八章 平安時代に於ける重要なる事跡の概括 制度の変遷 / 54
  • 第九章 院政及平氏時代に於ける重要なる事跡の概括 荘園の起源 寺院の勢力 武門の興起 / 62
  • 第十章 平安朝時代より平氏時代に至る文化 / 71
  • (略年表三) / 79
  • 第十一章 鎌倉時代に於ける重要なる事跡の概括 幕府の制度 朝廷と幕府との関係 / 82
  • 第十二章 前章の続 / 91
  • (略年表四) / 99
  • 第十三章 南北朝及足利時代に於ける重要なる事跡の概括 室町幕府の制度 / 102
  • 第十四章 明との交通 倭寇 欧洲人の来航鉄砲の伝来 / 109
  • (略年表五) / 115
  • 第十五章 天文慶長年間に於ける国内変動の概要 / 118
  • 第十六章 南北朝時代より足利時代の末に至る文化 / 123
  • 第十七章 通商貿易 天主教の伝播 外征及冒険の気象 / 129
  • (略年表六) / 138
  • 第十八章 江戸時代に於ける重要なる事跡の概括 江戸幕府の制度 / 141
  • 第十九章 前章の続 / 151
  • 第二十章 前章の続 / 161
  • 第廿一章 世界の大勢 / 168
  • 第廿二章 維新の源因及其事跡の概括 / 171
  • (略年表七) / 175
  • 第廿三章 明治新政 新設官制 藩藉奉還 廃藩置県 外交 大使派遣 欧米文物制度の採用 / 180
  • 第廿四章 朝鮮との関係 征韓論 佐賀の乱 台湾征討 北海道棒太及千島 / 185
  • 第廿五章 熊本及萩の暴動 鹿児島の乱 琉球の処分 朝鮮の修交及事変 天津条約 / 188
  • 第廿六章 議会の漸成 憲法 皇室典範 帝国議会 / 192
  • 第廿七章 諸制度の漸成 / 196
  • 第廿八章 学術の進歩 交通機関の進歩 殖産工業貿易の進歩 条約改正 / 200
  • 第廿九章 征清の役 東洋事件 本邦の位置 / 203
  • (略年表八) / 207

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国史要 : 中等教育
著作者等 伊東 尾四郎
伊藤尾四郎
書名ヨミ コクシヨウ : チュウトウ キョウイク
出版元 富山房
刊行年月 明34.3
ページ数 215p
大きさ 23cm
全国書誌番号
40012021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想