モールス電信士のアメリカ史 : IT時代を拓いた技術者たち

松田裕之 著

リンカーンの決断、カーネギーの立身、エジソンの閃き、アメリカン・ヒーローを影で支えた驚異のテクノロジー。情報伝達のモードを一変させたモールス電信の技術・社会史を、"電信士"たちの視界から、近代化に重ねて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 電信士とは何者だ?
  • 第1章 メッセージは電気に乗って("元祖"ワールド・ワイド・ウェブ
  • 電信というテクノロジー ほか)
  • 第2章 モールス符号に託す希望(電信士、世に現る
  • 貧しき移民青年の立身 ほか)
  • 第3章 電信士、戦場を往く(ミスター・プレジデントのTメール
  • 我らが身分は民間人 ほか)
  • 第4章 ビッグ・ビジネスに生きる(『西部魂』という企業
  • "第二世代"の電信士 ほか)
  • 第5章 決起せよ!誇りのために(『ザ・テレグラファー』の男と女
  • 電線に巣食う悪魔 ほか)
  • 終章 電信士が遺したもの(職業的な系譜
  • 技能の習得 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モールス電信士のアメリカ史 : IT時代を拓いた技術者たち
著作者等 松田 裕之
書名ヨミ モールス デンシンシ ノ アメリカシ : IT ジダイ オ ヒライタ ギジュツシャタチ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2011.4
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8188-2151-4
NCID BB05602792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想