風俗壊乱

ジェイ・ルービン 著 ; 今井泰子, 大木俊夫, 木股知史, 河野賢司, 鈴木美津子 訳

明治国家の検閲制度は、近代日本の文学表現が生み出した私的空間をどのようにとらえたのか。検閲制度のもとで、作家たちは何を考え、どのように行動したのか。対決と妥協のドラマの諸相をたどる稀有の研究。村上春樹の小説の翻訳者としても知られるジェイ・ルービン氏の日本文学研究の主著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 より単純な時代(法
  • 伝統的風刺と旧態依然の駄作
  • 写実主義の発達-検閲官が注目を開始する)
  • 第2部 日露戦争後(自然主義の発生
  • 出版における自然主義の拡大
  • 文学と人生、芸術と国家
  • 政府の右傾化
  • 成熟した制度下の活動)
  • 第3部 大逆事件とその後(森鴎外と平出修…大逆事件の内幕
  • 他の文学者の反応
  • 完全な膠着状態-文芸委員会)
  • 第4部 国家的動員に向けて(概観・明治以降における思想統制と検閲
  • 大正時代の谷崎
  • 昭和の出版ブームと文芸懇話会
  • 軍部と特高警察に引き継がれて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風俗壊乱
著作者等 Rubin, Jay
今井 泰子
大木 俊夫
木股 知史
河野 賢司
鈴木 美津子
ルービン ジェイ
書名ヨミ フウゾク カイラン : メイジ コッカ ト ブンゲイ ノ ケンエツ
書名別名 Injurious to public morals

明治国家と文芸の検閲
出版元 世織書房
刊行年月 2011.4
ページ数 477, 20p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-902163-59-9
NCID BB05605735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想