数学の文化史

モリス・クライン 著 ; 中山茂 訳

古代エジプトから相対性理論まで-文明の流れのなかで数学がはたしてきた役割を活写する古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概説-正しい考え方とまちがった考え方
  • 経験的数学
  • 数学的精神の誕生
  • ユークリッドの『エレメンタ』
  • 星に物差をあてる
  • 自然は合理性をうる
  • 幕合劇
  • 数学的精神の復興
  • 世界の調和
  • 絵画と透視法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学の文化史
著作者等 Kline, Morris
中山 茂
クライン モリス
書名ヨミ スウガク ノ ブンカシ
書名別名 Mathematics in western culture
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.4
ページ数 483p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-25248-3
NCID BB05569711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21931661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想