わかりやすい最低賃金法

労働新聞社 編

平成20年7月に施行された改正最低賃金法では、すべての労働者のセーフティ・ネットとしての役割は地域別最低賃金が担い、特定最低賃金(運用等については従来の産業別最低賃金の枠組みを踏襲)はその補完的役割を果たすものという位置づけの下、法律全体を整合的に再編しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Part1 法改正の経緯(1 改正法の成立
  • 2 最低賃金制度の変遷
  • 3 改正前の最低賃金制度の概要
  • 4 改正議論の経過)
  • Part2 改正最低賃金法のポイント(1 改正後の最低賃金制度の概要
  • 2 改正法の逐条解説)
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかりやすい最低賃金法
著作者等 労働新聞社
書名ヨミ ワカリヤスイ サイテイ チンギンホウ
書名別名 Wakariyasui saitei chinginho
シリーズ名 最低賃金法
出版元 労働新聞社
刊行年月 2008.10
ページ数 134p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-89761-061-0
NCID BB08427054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21915753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想