なぜ人はキスをするのか?

シェリル・カーシェンバウム 著 ; 沼尻由起子 訳

キスの習慣が生まれた理由から、男女のキスの好みの違い、キスが脳にもたらすもの、キスと匂いの知られざる繋がりまで、科学者が明かす驚くべきキスの真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 キスの起源を突き止める(最初のふれ合い
  • 動物もキスをするのか
  • 人類とキスの歴史 ほか)
  • 第2部 キスしているときの身体(キスの解剖学
  • 男と女はキスをどうとらえているのか
  • 男性の匂い ほか)
  • 第3部 キスの魔力(キスしているときの脳
  • 未来社会のキス
  • 恋人の心をつかむキスとは? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ人はキスをするのか?
著作者等 Kirshenbaum, Sheril
沼尻 由起子
カーシェンバウム シェリル
書名ヨミ ナゼ ヒト ワ キス オ スルノカ
書名別名 The science of kissing

Naze hito wa kisu o surunoka
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.4
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-25249-0
NCID BB05788373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21931381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想