北海道新策

久松義典 著

[目次]

  • 目次
  • 第一編 総論
  • 第一章 我北海道を如何せんとする乎国庫剰余金を殖民費に投せよ / 1p
  • 第二章 東洋列国に於る交通及び国防の関係如何 / 9p
  • 第二編 土地
  • 第一章 官有地貸下に関する積弊 / 27p
  • 第二章 借地人の〓風及び未開未墾の貸下地 / 30p
  • 第三章 貸下許可標準の誤用借地権壟断の弊害 / 32p
  • 第四章 道庁官吏の土地貸下飛地出願の借地人 / 36p
  • 第五章 官民間に連帯せる借地〓害の摘要 / 39p
  • 第六章 現行土地払下規則に対する改正案 / 42p
  • 第三編 人民
  • 第一章 農商工諸人の天然的幸福 / 61p
  • 第二章 政治社会に於る青年処女独立別働の平民的新勢力 / 64p
  • 第三章 新富源を開発して新人民新社会を造成すべし / 67p
  • 第四編 政府
  • 第一章 北海道施政改革に於る大綱領行政事務と殖民事業の分劃 / 87p
  • 第二章 機関組織を改造すべし内務殖民二大部の設置 / 90p
  • 第三章 課長政治の弊害及冗費冗員の節減 / 93p
  • 第五編 特別市制町村制
  • 第一章 殖民地に於る最善自治制度北海道市制町村制の要領 / 105p
  • 第二章 二市百十五町村の組織体例基本財産に富みたる市町村 / 108p
  • 第六編 北海道議会
  • 第一章 北海道議会開設の要領 / 123p
  • 第二章 十八選挙区と三十七議員議権拡張及び税法改正案 / 125p
  • 第七編 国会議員撰挙
  • 第一章 両院議員勅任公撰の要領 / 135p
  • 第二章 二大撰挙区と四代議士撰挙被撰挙資格の特例 / 138p
  • 第八編 殖民
  • 第一章 殖民地撰定後の現状 / 143p
  • 第二章 開拓使以来の政治竜頭蛇尾なり殖民地の測量区画を断行すべし / 145p
  • 第九編 屯田
  • 第一章 千島に於る海陸軍警備策集治監を千島に移すべし / 171p
  • 第二章 西北海岸に新兵村設置の議旧土人より編制せる騎兵隊 / 174p
  • 第十編 学校
  • 第一章 殖民地に於る普通教育の拡張 / 199p
  • 第二章 北海道の中学校問題速成的実業科の必要 / 202p
  • 第十一編 道路
  • 第一章 北海道と動物体の比較札幌は心臓上川は中腹 / 215p
  • 第二章 開@工事の針路及び其の起工方案は如何 / 217p
  • 第三章 本幹及支線に未開道路多し / 221p
  • 第十二編 農業
  • 第一章 大農小農の得失如何農夫食物の改良法 / 229p
  • 第二章 蚕糸業亦本道の新利源なり / 233p
  • 第十三編 漁業
  • 第一章 漁業組織の改良と入稼漁民団体移民に対する海産干場 / 255p
  • 第二章 入稼漁夫家族の雇使法移住奨励策及其褒賞案 / 260p
  • 第三章 屯水兵設置論漁業振興策 / 264p
  • 第十四編 工業
  • 第一章 農工業保護監督の程度如何 / 275p
  • 第二章 札幌製糖会社の補給利子同会社の善後策ありや / 277p
  • 第十五編 貿易
  • 第一章 小樽、浦港間に於る直航貿易北門の鎖〓と北門の店鋪 / 285p
  • 第二章 露国交際社会の情態如何貿易商会の起原及び変遷 / 288p
  • 第十六編 森林
  • 第一章 御料林官林及民林森林収入の予算 / 305p
  • 第二章 林務改革に関する二三方案千島の漂木支那欧洲の木材 / 308p
  • 第十七編 鉱山
  • 第一章 石炭砂鉄及び硫黄の大鉱床 / 317p
  • 第二章 鉄世界に於て砂鉄を利用するの方策如何 / 319p
  • 第十八編 結論 / 329p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北海道新策
著作者等 久松 義典
書名ヨミ ホッカイドウ シンサク
出版元 前野長発
刊行年月 明25.5
ページ数 330p 地図
大きさ 23cm
全国書誌番号
40007139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想