1989年 : 現代史最大の転換点を検証する

竹内修司 著

年頭、昭和天皇が崩御した。中国では民主化要求のデモを弾圧する「天安門事件」が起こった。中・東欧の共産圏ではソ連の軛が一挙に緩み、ドミノ式に政権が倒れた。さらに長く冷戦の象徴だったベルリンの壁が崩壊した。これらの事件が連鎖しながら起きた一九八九年の歴史的意味を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 昭和天皇のトラウマ
  • 第2章 社会主義が目指したもの
  • 第3章 冷戦の構図
  • 第4章 〓(とう)小平、ゴルバチョフの登場
  • 第5章 天安門事件-「改革開放」とブルジョア民主化の間
  • 第6章 東欧の「逆ドミノ革命」
  • 第7章 ソ連・東欧の軛はなぜ緩んだか
  • エピローグ-一九八九年以後のソ連

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1989年 : 現代史最大の転換点を検証する
著作者等 竹内 修司
書名ヨミ 1989ネン : ゲンダイシ サイダイ ノ テンカンテン オ ケンショウスル
シリーズ名 平凡社新書 577
出版元 平凡社
刊行年月 2011.3
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85577-7
NCID BB05167194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21924571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想