倖せの一膳 : 小料理のどか屋人情帖 2

倉阪鬼一郎 著

元は武家だが、わけあって刀を捨て、包丁に持ち替えた時吉の「のどか屋」に難題が持ちこまれた。婚礼の寸前に花嫁が不治の病に倒れたが祝言は挙げたいと願う二人のために両家の親たちは「いつの日か、あの世でも来世でもいい、どこかで二人がめぐり合い、今度こそ倖せになれるような、そんな思いのこもった"倖せの一膳"をつくってほしい」というのだ。書き下ろし長編時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倖せの一膳 : 小料理のどか屋人情帖 2
著作者等 倉阪 鬼一郎
書名ヨミ シアワセ ノ 1ゼン : コリョウリ ノドカヤ ニンジョウチョウ
シリーズ名 二見時代小説文庫 く2-2
出版元 二見書房
刊行年月 2011.4
ページ数 284p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-11039-4
全国書誌番号
21925659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想