土佐之武士道

安芸喜代香 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 久徳山路と足軽武太郎 / 1
  • 黒岩有沢の精忠 / 5
  • 土佐兵士の死盟 / 8
  • 井原応輔 / 9
  • 手島暴らし / 10
  • 山下登一郎の沈勇 / 12
  • 吐きかけられし啖を拭はず / 13
  • 少年刀の切先に飛び掛る / 14
  • 難船に責を引て自殺す / 15
  • 近藤下男を手討にす / 16
  • 少年の自殺 / 17
  • 殿中の刺撃 / 18
  • 竹刀にて力士を倒す / 19
  • 毛利又右衛門と江田文四郎 / 20
  • 久万の伯夷叔斉 / 22
  • 探偵を絞り殺す / 23
  • 長尾重病を侵して登城す / 24
  • 虚無僧の刄傷 / 27
  • 目官杉本の豪胆 / 29
  • 山路の号令 / 33
  • 少年大剣客を斬る / 34
  • 小笠原大喝決闘を止む / 35
  • 腹切刀の贈与 / 36
  • 西町の子路 / 37
  • 天災と士道 / 38
  • 弁解を耻として自殺す / 39
  • 山路瘡を療治せず / 40
  • 野根山の屯集 / 41
  • 浅見の機敏 / 43
  • 永国寺町若侍の血闘 / 45
  • 血を嘔いて一言を発せず / 48
  • 証人の切腹 / 49
  • 抜き放せし侍の刀 / 49
  • 美野辺怪獣を斬る / 51
  • 病院に守備兵を謝絶す / 53
  • 食違の要撃 / 53
  • 加州の藩邸へ斬り込む / 54
  • 烈女の薙刀 / 57
  • 一刀にて二人を殪す / 59
  • 一死同志に報ゆ / 59
  • 官倉を発いて自刄す / 60
  • 妻讐の仇討 / 62
  • 狼を療治す / 64
  • 小南の律義 / 65
  • 怪異の伝説 / 66
  • 港堀の人柱に立つ / 67
  • 死屍歩行す / 72
  • 双手に臓腑を掴む / 73
  • 名将の一言、士の必死を救ふ / 74
  • 宮川の豪勇 / 75
  • 傷を負て自裁す / 76
  • 佐々木三六 / 77
  • 武夫の不遇 / 79
  • 野中多内の切腹 / 80
  • 板坂の掛矢 / 82
  • 病蓐に自刄す / 83
  • 船中の自殺 / 84
  • 十六歳にて壮漢を殪す / 85
  • 多賀の鎗術 / 86
  • 菖蒲刀にて大漢を斬る / 87
  • 死を期して食客とならず / 88
  • 坂本竜馬刺客を賞賛す / 89
  • 永野源作の逸話 / 89
  • 宮田用蔵の士道 / 93
  • 撃驢橛 / 94
  • 谷丹内の謹直 / 96
  • 小倉重役を子に譲る / 96
  • 麻田と柴の切腹 / 97
  • 幼少の片岡健吉 / 103
  • 佐藤伴蔵の胆力 / 103
  • 江田文四郎と辻清兵衛 / 104
  • 日比山田の成敗 / 106
  • 乾櫓の一番乗り / 108
  • 山路箕浦を大橋に要す / 110
  • 藤田右馬介の殉死 / 112
  • 井口の刄傷 / 114
  • 山崎闇斎の過り状 / 119
  • 中島乱銃の中に屠腹す / 121
  • 倫敦に於る馬場と真辺 / 122
  • 吉村寅太郎の最後 / 126
  • 安積清右衛門の諫言 / 127
  • 古槙禁を犯して殉死す / 128
  • 戸次川に於る土佐の健児 / 129

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 土佐之武士道
著作者等 安芸 喜代香
書名ヨミ トサ ノ ブシドウ
出版元 安芸喜代香
刊行年月 明39.6
ページ数 141p
大きさ 15cm
全国書誌番号
40003970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想