戦争記憶の継承 : 語りなおす現場から

松尾精文, 佐藤泉, 平田雅博 編著

沖縄、朝鮮、アウシュヴィッツ…語られる戦争体験のまえで生じる「とまどい」。同じ体験、同じ前提をもたない者たちの間で、なお共同でなされる想起の可能性はあるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦争記憶を記憶する
  • 第1章 沖縄戦「集団自決」をめぐる「記憶」の抗争-一九四五年三月二十五日夜の出来事
  • 第2章 沖縄県の戦争体験者のいま-戦争体験の捉え方の変化に注目して
  • 第3章 戦争記憶の戦後世代への継承-心理学の視点から
  • 第4章 映画に見る朝鮮戦争の記憶-米・韓・日の比較において
  • 第5章 加害記憶の伝達と継承を支える方法とは何か?-「博物館」をめぐる「歴史戦争」の場から
  • 第6章 ロンドンの帝国戦争博物館
  • 第7章 戦争の記憶と戦争犯罪追及-公衆の追憶と公的追及の狭間について
  • 第8章 いま「戦争」を語ること
  • 第9章 学生たちは戦争記憶とどのように向き合ったか
  • 補章 私たちは戦争体験をどのように受けとめ、引き継げばよいのか-学内公開フォーラムの記録から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争記憶の継承 : 語りなおす現場から
著作者等 佐藤 泉
平田 雅博
松尾 精文
書名ヨミ センソウ キオク ノ ケイショウ : カタリナオス ゲンバ カラ
書名別名 Senso kioku no keisho
シリーズ名 青山学院大学総合研究所研究叢書
出版元 社会評論社
刊行年月 2011.3
ページ数 383p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7845-1503-5
NCID BB05411422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21925418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想