愚翁道話

宮本愚翁 著 ; 清水俊 校

[目次]

  • 目次
  • 第一講 大学の三綱領 / 1
  • 奥藩士参宮 / 8
  • 逢見ての後 / 11
  • 九瀬孫之亟 / 16
  • 第二講 大学の八条目 / 20
  • 芋投げ / 23
  • 江戸神田の豊女 / 31
  • 第三講 日新 / 39
  • 大根売と金盥 / 46
  • 第四講 其所止 / 55
  • 黄島 / 55
  • 嫁の篤実、夫の悔悟 / 65
  • 貴梅 / 67
  • 第五講 十目十手 / 74
  • 俳諧師の下男 / 76
  • 永浜翁 / 79
  • 三組町与三右衛門 / 80
  • 第六講 徳本也 / 84
  • 白鼠 / 89
  • 貞婦まつ / 93
  • 第七講 善以為宝 / 98
  • 菓子袋 / 99
  • 嫁の傲慢 / 104
  • 松山のふじ女 / 108
  • 井中に父を負ふ(渡部平作) / 114
  • 第八講 好人之所悪 / 117
  • 大坂天満の嘉平 / 123
  • 信濃の初女 / 129
  • 第九講 道心人心 / 133
  • 五色の鬼、豆蔵 / 133
  • 第十講 隠微 / 143
  • 狂歌 / 146
  • 江戸浅草の相者 / 149
  • 京の相者北野詣 / 154
  • 口中の指先 / 156
  • 不孝息子死罪 / 158
  • 第十一講 君子中庸 / 161
  • 安宅の関 / 165
  • 若狭の綱女 / 168
  • 甲斐国栗女 / 171
  • 山口秀平の忰 / 176
  • 袈裟御前 / 178
  • 第十二講 罟擭陥阱 / 184
  • 狐釣り / 189
  • 中川某の夫人 / 192
  • 第十三講 鳶飛魚躍 / 201
  • 親抱の松 / 207
  • 第十四講 道不遠 / 214
  • 周防の石女 / 219
  • 第十五講 伐柯伐柯 / 226
  • 師岡与右衛門の妻 / 231
  • 小林秀女 / 233
  • 第十六講 違道不遠 / 242
  • 左様の糸 / 246
  • 第十七講 射者君子 / 253
  • 馬鹿殿 / 255
  • よい者揃ひ / 256
  • 蟹の横這ひ / 259
  • 神官出羽が妻 / 261
  • 第十八講 行遠自邇 / 267
  • 吐谷渾 / 270
  • 新兵衛、林助 / 275
  • 第十九講 潜雖伏 / 281
  • 梁上の君子 / 284
  • 美濃の房女 / 286
  • 本所の夫殺し / 293
  • 羽後のひさ女 / 296
  • 第二十講 曽子三省 / 298
  • 車力権八の妻 / 305
  • 第二十一講 無違 / 316
  • 源吾翻心 / 313
  • 竜田窮楽父子の孝 / 316
  • 備中の甚助 / 321
  • 附録
  • 宮本愚翁先生伝 岡田俊太郎

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 愚翁道話
著作者等 宮本 愚翁
清水 俊
書名ヨミ グオウ ドウワ
出版元 同友社
刊行年月 明41.5
ページ数 326p
大きさ 18cm
NCID BA4606960X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40003909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想