頼山陽 : 教訓道話

大庭青楓 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 一 果然生る尊王愛国の史家 / 1
  • 二 山陽先生と其父母 / 4
  • 三 天とは如何なるもの乎 / 7
  • 四 小さき胸底に躍る楠公の俤 / 9
  • 五 元服して襄と改む / 12
  • 六 我れ生れて幸に男子たり / 13
  • 七 少年詩人江戸学者の眼を奪ふ / 16
  • 八 世事何ぞ尓く煩瑣なる / 18
  • 九 笈を負ふて江戸に向ふ / 22
  • 一〇 即座に三十武将の讃を作る / 31
  • 一一 事々物々悲憤慷慨の種 / 37
  • 一二 更夜独り想ふ三条橋頭の月 / 41
  • 一三 男子何ぞ女子の愛に溺れんや / 44
  • 一四 遂に亡命の士となる / 47
  • 一五 狂妄なりに宿志も有之候 / 49
  • 一六 一布衣の頼襄となり大志を伸べん / 54
  • 一七 鴻雁那辺に向つて飛ぶ / 57
  • 一八 幽室に日本外史を綴る / 60
  • 一九 出遊切なるも此苦あるを如何 / 63
  • 二〇 鵬翼を張つて天涯に飛ぶ / 65
  • 二一 蓬頭垢面の一書生 / 68
  • 二二 遂に京師に居をトす / 71
  • 二三 自由の棲む所は吾が郷なり / 73
  • 二四 予は是れ本箱にあらず / 79
  • 二五 子は父を想ひ父は子を想ふ / 80
  • 二六 春風駘蕩和気堂に満つ / 84
  • 二七 先生と閨秀詩人細香女史 / 87
  • 二八 荘子を廃して又手にせず / 91
  • 二九 昔日健児の面影を見ず / 96
  • 三〇 殉国の剣は乃父より伝はる / 100
  • 三一 耶馬渓は天下一品なり / 106
  • 三二 母を奉じて花又花に向ふ / 114
  • 三三 昨は芳野今は湖上の月を拝す / 119
  • 三四 誰か謂ふ是れ狂漢是れ不孝児 / 126
  • 三五 所謂山紫水明処 / 130
  • 三六 朝服を着けて貴人を見ず / 133
  • 三七 魚は琵琶湖の鮮、酒は伊丹の醸 / 135
  • 三八 此異骨あり共に語るに足る / 139
  • 三九 鳴呼人生五十幼華の如し / 148
  • 四〇 知遇を得て今昔の感に堪へず / 152
  • 四一 閣下は今代の魏公なり / 155
  • 四二 外史は穏当にして其中を得たり / 161
  • 四三 花には嵐、月には叢雲 / 163
  • 四四 今日の花墓前の香花たらんとは / 165
  • 四五 一夜東山に文星落つ / 167
  • 四六 此花此実を結ぶ / 169
  • 四七 山陽先生の詩と文 / 172
  • 四八 日本楽府 / 195
  • 四九 山陽先生と其逸話 / 201
  • 五〇 頼家の略譜 / 211

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 頼山陽 : 教訓道話
著作者等 大庭 青楓
書名ヨミ ライ サンヨウ : キョウクン ドウワ
書名別名 Rai san'yo
出版元 国文館
刊行年月 明44.10
ページ数 212p
大きさ 19cm
NCID BA45521790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40003671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想