人情論

村井弦斎 (寛) 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 古今の人情
  • 昔の人情と今の人情 / 1
  • 田舎の人情も同一ならず / 3
  • 人情は変化するものなり / 6
  • 我が邦の人情は大変化の途中 / 10
  • 約束の曖昧は習慣より起る / 13
  • 時計は店の飾物 / 16
  • 時間の観念を養ふが大切 / 20
  • 義理と人情
  • 苅萱道心と石童丸 / 23
  • 安宅の関の富樫 / 26
  • 岩木にあらぬ人心 / 28
  • 義理を知らぬ女中 / 30
  • 西洋は約束の世界 / 32
  • 義理は不文の道徳律 / 35
  • 我が邦の社会は西洋より進歩せり / 37
  • 義理と人情とは車の両輪 / 39
  • 売買思想
  • 弐百円の品物を百円に負ける / 41
  • お客も随分勝手なもの / 43
  • 妙なことを自慢する癖あり / 44
  • お負けが無ければ承知せぬ習慣 / 48
  • 何人も斯くありたき心掛 / 51
  • 商業道徳の根原は家庭にあり / 54
  • 迷信の風
  • 婚礼に適当なる吉日 / 59
  • 古来の迷信 / 63
  • 七月一日といふ日 / 65
  • 信玄と謙信の活眼 / 69
  • 縁起のよしあし / 72
  • うどんげの花は虫の卵 / 74
  • 科学智識の欠乏 / 76
  • 迷信と精神作用 / 78
  • 迷信と信仰 / 81
  • 旅行の苦楽
  • 昔の旅行は苦痛なり / 84
  • 感心な車夫 / 87
  • 一休和尚の閉口 / 89
  • 日本人の意気地 / 91
  • 赤帽の心掛 / 92
  • 汽車中の礼儀 / 95
  • 未知の人の無愛想 / 98
  • 謙遜辞譲の美徳 / 100
  • 社交の礼儀 / 104
  • 安心立命
  • 十二歳の娘の覚悟 / 106
  • 少女の心に不平なし / 110
  • 運命に安んずる覚悟 / 111
  • 米国人の教訓 / 113
  • 運命は妄に喜憂すべからず / 116
  • 僥倖が不幸を招きし実例 / 118
  • 安心立命の歌 / 121
  • 迷ひと決断
  • 何事も迷ひの種 / 125
  • 育児法にも二つの主義あり / 127
  • 結婚は一生一度の迷ひ / 130
  • 儀式にも諸流あり / 133
  • アナタとオマヘ / 135
  • 病気の時は迷ひ易し / 139
  • 常識の判断が大切なり / 144
  • 感情と理性
  • 斯る事も難有迷惑 / 146
  • 不思議な習慣 / 149
  • 熱い風呂の御馳走 / 152
  • 感情の長所と短所 / 156
  • 永久の難有迷惑 / 158
  • 感情と理性の調和 / 160
  • 子供の食事 / 163
  • 婦人は理性の念を養ふべし / 166
  • 人情美
  • 心には醜美の二点あり / 169
  • 婦人は神霊性に富めり / 172
  • 学者の子にも愚人あり / 175
  • 仏像から小判が出た話 / 177
  • 金銭よりも貴きもの / 181
  • 何事にも一利一害 / 185
  • 公徳と私徳 / 187
  • 美しき心 / 190

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人情論
著作者等 村井 弦斎
書名ヨミ ニンジョウロン
書名別名 Ninjoron
出版元 実業之日本社
刊行年月 明45.4
ページ数 192p
大きさ 23cm
NCID BA62625362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40003376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想