三十六名士新時代の修養

今井鉄嶺 (直臣) 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 修養
  • 一 吾輩の精力主義・大隈重信 / 1
  • 二 成敗の分岐点・渡辺国武 / 9
  • 三 宗教に依らざる安心立命・加藤弘之 / 13
  • 四 余が青年に興ふる忠言・牧野伸顕 / 17
  • 五 英雄崇拝論・尾崎行雄 / 24
  • 六 人間本来の面目・河野広中 / 29
  • 七 大志と大成・元良勇次郎 / 36
  • 八 精神的修養・山岡熊治 / 43
  • 第二章 処世
  • 一 処世上の二大教訓・林董 / 49
  • 二 余が経験の福音・渋沢栄一 / 54
  • 三 豊太閤立身の径路・重野安繹 / 58
  • 四 主一無適の精神・松岡康毅 / 68
  • 五 余が実験より得たる処世訓・目賀田種太郎 / 74
  • 六 初陣実業家の注意・宮部久 / 80
  • 七 剛健なれ・松村介石 / 86
  • 八 処世の根本義・徳富猪一郎 / 94
  • 第三章 勉学
  • 一 誤らざる勉学法・穂積陳重 / 101
  • 二 英国の学生と我国の学生・沢柳政太郎 / 118
  • 三 外国語研究法・高楠順次郎 / 125
  • 四 輸入的学問を以て甘んずる勿れ・山路愛山 / 132
  • 五 活学問と死学問・鎌田栄吉 / 142
  • 六 学生読書法・梅謙次郎 / 148
  • 七 陽明学研究法・高瀬武次郎 / 153
  • 第四章 鍛錬
  • 一 武士道の真髄・佐藤正 / 162
  • 二 病駆と戦ひし余が実験・二木謙三 / 169
  • 三 自知即是・伊沢修二 / 193
  • 四 研究的精神を発揮せよ・江原素六 / 198
  • 五 加奈太青年の独立的勇気・能勢辰五郎 / 205
  • 六 貧苦は青年の賜物・古賀廉造 / 221
  • 七 国民的良習慣の訓練・井上友一 / 230
  • 第五章 時勢
  • 一 時勢と産業組合・平田東助 / 237
  • 二 東洋に於ける列国経済的競争・根津一 / 248
  • 三 対清貿易の将来・犬養毅 / 269
  • 四 英独両国民の特長・林田亀太郎 / 277
  • 五 現代の思潮と国家の将来・三宅雄次郎 / 282
  • 六 欧米の進歩と我国民の覚悟・水野錬太郎 / 289

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 三十六名士新時代の修養
著作者等 今井 鉄嶺
書名ヨミ サンジュウロク メイシ シンジダイ ノ シュウヨウ
書名別名 Sanjuroku meishi shinjidai no shuyo
出版元 至誠堂
刊行年月 明43.7
ページ数 299p
大きさ 19cm
NCID BB17016265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40002687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想