チェーホフ、チェーホフ!

桜井郁子 著

「チェーホフの生涯における五百に余る作品には多くの愛についての物語がある。では作家自身の愛はどうであったのか?」(まえがき)-チェーホフと多くの女性、知人、友人たちとの関わりを豊富な資料で探索するとともに、その主要劇作の論考を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 チェーホフと女性たち、友人たち、作家たち(チェーホフとレヴィタン-親しい友との諍い
  • 『アリアードナ』と女たち、リーカ・ミジーノワの場合
  • ヤヴォールスカヤとタチヤーナ・シチェープキナ=クペルニク ほか)
  • 2 チェーホフの劇作(チェーホフを読む楽しさ-『ワーニャおじさん』の場合
  • 『桜の園』のロパーヒンについて
  • チェーホフ作『桜の園』再読-いわゆる"チェーホフのヴォードヴィル"を鍵として ほか)
  • 3 チェーホフとゴーリキイ(『どん底』MXT初演のころ-チェーホフとゴーリキイ
  • ゴーリキイ『どん底』再読)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チェーホフ、チェーホフ!
著作者等 桜井 郁子
書名ヨミ チェーホフ チェーホフ
書名別名 Чехов,Чехов!

Chehofu chehofu
出版元 影書房
刊行年月 2011.3
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87714-413-5
NCID BB05687183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21921368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想