修身訓 : 家庭教育

石井了一, 石井福太郎 編

[目次]

  • 目次
  • 第一章 笹井わし女の話、
  • 第二章 ロルド、メルボアンの話、
  • 第三章 今泉うた女の話、
  • 第四章 本多作左衛門の話、
  • 第五章 細井平洲先生の話、
  • 第六章 細井平洲先生の話、
  • 第七章 鳥居強右衛門直商の話、
  • 第八章 英国人民の話、
  • 第九章 伊藤小左衛門の話、
  • 第十章 仏国人ベルナルド、バリツシイの話、
  • 第十一章 米人◇レンの話、
  • 第十二章 英国の著作家スコツトの話、
  • 第十三章 松本直秀修業心得の話
  • 第十四章 平野富二の話、
  • 第十五章 支那宋の林積の話、
  • 第十六章 日耳曼の「フランクフホルド」の銀行主モセスの話、
  • 第十七章 新井白石先生の話、
  • 第十八章 藤原敦親の話、
  • 第十九章 希臘の賢人プラトーの話、
  • 第二十章 甲賀孫兵衛の話、
  • 第二十一章 支那の馬援と英国のネルソンの話、
  • 第二十二章 本庄宗孝の名言、
  • 第二十三章 明の太祖の后馬氏の話、
  • 第二十四章 英人ペロザートンの話、
  • 第二十五章 本多佐渡守正信の話、
  • 第二十六章 大婆殿の話、
  • 第二十七章 亀田窮楽の話、
  • 第二十八章 平重盛父を諫めし話、
  • 第二十九章 唐の鄭義宗の妻盧氏の話、
  • 第三十章 大音主馬介と若侍の話、
  • 第三十一章 隋の牛弘と明の陳世恩の話、
  • 第三十二章 宋の謝述の話、
  • 第三十三章 新羅三郎義光と北条泰時の話、
  • 第三十四章 仏帝ナポレオン一世の妹ポーラインの話
  • 第三十五章 支那宋の程大中公晌の妻候氏の話、
  • 第三十六章 加藤清正の話、
  • 第三十七章 松永貞徳と林道春の話、
  • 第三十八章 支那魏の李士謙の話、
  • 第三十九章 星野弥兵衛の話、
  • 第四十章 天皇陛下の御話、
  • 第四十一章 宮崎安貞先生の話、
  • 第四十二章 伊能忠敬先生の話、
  • 第四十三章 米苞を貽りて旧恩を報ひたる老人の話、
  • 第四十四章 織田豊臣両公の話、
  • 第四十五章 完全なる人の話、
  • 第四十六章 藤田東湖佐久間象山の話、
  • 第四十七章 応声虫病者の話、
  • 第四十八章 農家の次男某の話、
  • 第四十九章 羽太安芸守の話、
  • 第五十章 徳川幕府大石内蔵介等を死刑に処せし話、

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 修身訓 : 家庭教育
著作者等 石井 了一
石井 福太郎
書名ヨミ シュウシンクン : カテイ キョウイク
書名別名 Shushinkun
出版元 目黒書店
刊行年月 明27.3
ページ数 110p
大きさ 19cm
全国書誌番号
40002113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想