修養逸話 : 東西

近藤羗村, 物集梧水 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 名和行高其子に約を守らしむ / 1
  • 豊臣秀吉五口の太刀を中つ / 3
  • 土井利勝寸糸をも苟もせず / 4
  • 塚原卜伝馬の後へを避けて過る / 6
  • 新井白石冷水を浴びて勉む / 8
  • 河村端軒窮迫する所なし / 9
  • 平重盛の沈勇直垂にて蛇を裏む / 13
  • 石田三成捕はれて傲語す / 13
  • 竹中半兵衛我が子を戒む / 17
  • 立花道雪手輿に乗りて奮戦す / 18
  • 小早川隆景天命を知る / 20
  • 松平伊豆守の忠烈沈黙を守る / 21
  • 安藤帯刀槍持の罪を赦す / 23
  • 佐野天徳寺琶琵を聴て落涙す / 24
  • 細川頼之の忠誠自ら蟄居を願ふ / 26
  • 蒲生氏郷百万石を悦びず / 27
  • 加藤清正常を本分を忘れず / 29
  • 太田道灌潮の満干を悟る / 30
  • 稲葉一徹剣を懐中にして死地に趣く / 31
  • 観世又次郎芸能の他に顧みず / 33
  • 伊達政宗の胆勇敵地に宿す / 34
  • 黄門秀康卿歌舞妓お国を見て落涙す / 37
  • 板倉重宗茶臼を挽きて訴へを断ず / 38
  • 武田信玄鳩を撃殺す / 40
  • 上杉入庵の一言諸将の進退を决す / 41
  • 博雅の三位琶琵の秘曲を受く / 43
  • 保科正之能く言を容る / 44
  • 大納言行成卿漫りに憤らず / 46
  • 黒田如水の豪爽山名禅高を屈す / 47
  • 摂津前司保昌の沈着剽盗に驚かず / 49
  • 烏丸光広卿の淡懐宝物を惜まず / 50
  • 北条時頼味噌にて酒を飲む / 52
  • 藤原百川熱誠四十日間朝に立つ / 52
  • 曽呂利新左衛門飯の例を引く / 54
  • 日本武尊考翁と連歌を詠み給ふ / 56
  • 源義経勇猛逆櫓の議を排す / 57
  • 調伊企儺の忠烈新羅王を辱む / 59
  • 古法眼元信一枝をも忽せにせず / 60
  • 楠木正成の自信聖運の快復を期す / 63
  • 木村長門守能く使命を全うす / 65
  • 坂上田村麿の大志漢土を征せんとす / 69
  • 小野篁難問に窮せず / 70
  • 徳川家康家来に負はれて橋を渡る / 71
  • 斉藤道三油売より立身す / 72
  • 直江山城守の気慨金銭を賤む / 73
  • ◇相如能く君王を護る / 74
  • 李斯鼠を見て志を立つ / 78
  • 司馬光両頭の蛇を殺す / 79
  • 魯仲連爵位黄金を受けず / 80
  • 范増一言を昜へず / 81
  • 李札剣を墓上に懸く / 83
  • 紀信漢王に代りて燔殺せらる / 84
  • 孔子宋人に囲まれて絃歌す / 87
  • 呉起士卒の疽を呪ふ / 88
  • 漢孝文帝能く世を治む / 89
  • 司馬仲達能く敵の辱めを忍ぶ / 91
  • 孔明涙を揮つて馬謖を斬る / 93
  • 子路桜を結んで死す / 95
  • 曽晢自然を楽む / 97
  • 張良恒に時勢を洞察す / 98
  • 張儀己れの舌を信ず / 100
  • 張負孫女を陳平に与ふ / 102
  • 周亜父陣森厳を極む / 103
  • 魯粛安車蒲輪を希望す / 105
  • 孫権案を断て决心を示す / 106
  • 田横の一党節に海島に死す / 110
  • 玄徳迅雷を懼れて災禍を避く / 111
  • 関羽旧恩を忘れず / 114
  • ネルソン自から名誉の表彰たらんことを希望す / 117
  • スコベレツフ将軍大功を建てて失寵を快復す / 120
  • ビスマーク憤然鉄拳を振ふ / 123
  • ニユートンの熱心なる究理終に風車を建設す / 125
  • チユードルの一言債権者を快諾せしむ / 128
  • ぺスタロツヂ己に薄くして貧児に厚し / 129
  • プーシキン苦痛を忍びて敵を怨恨せず / 134
  • ブランクス奴隷を助けて自ら斬られんことを乞ふ / 138
  • クラーク機先を制するの明あり / 141
  • フレデリツク大王密かに近習に恵む / 142
  • サウンデルソン盲目の身を以て大学に数学を講ず / 145
  • カーネギー貧賤の幸福なる所以を説く / 147
  • スチブンソンが愛の一念大名を揚ぐ / 149
  • グリリー寧ろ牢獄に繋がるるも負債を作らず / 151
  • フランクリン胃腑を充さんよりも頭脳に充すに勉む / 153
  • ケーンの徳行草賊を化す / 154
  • べンザムの気概大家の講義を筆記せず / 156
  • ルーテル法王の命令書を火中に投ず / 157
  • ゾラ世俗に附加せざらんが為めに外出せず / 161
  • クロム◇トン苦心経営紡績機械を発明す / 162
  • ラレーの頓才外套を泥土に投げて相位を得 / 164
  • シルレルの細心豪瞻電光を観察す / 165
  • ナボレオン士卒を愛すること子の如し / 167
  • アルホンゾー身を卑くして衆庶を愛す / 170
  • ドラムモンド乞丐の棺に会葬す / 172
  • ワシントン激流に身を賭して幼童を救ふ / 175
  • ベンネツト自ら天職な悟つて新聞紙を発刋す / 180
  • グラント◇将軍の謙遜自己を賞揚せらるるを好まず / 182
  • ドオデー小説の結構に腐心して警吏に咎めらる / 185
  • ウヱプスター孝心より大名を成す / 187
  • ゼーの一言老翁を屈す / 188
  • ジエンナー種痘術伝をへんと欲して千挫屈せず / 191
  • クラークソンの金鉄の自信遂に当初の目的を達す / 192
  • ヂヨンソン不覊卓落高節を持す / 197
  • ホイツトニー強固なる意志を以て自己の地位を造る / 200
  • チンダル学に熱中して自己の結婚式日を忘却す / 202
  • フアルガツソン少時刻苦して自己の才を啓発す / 205
  • スコツト情義の犠牲となりて負債は償はんとす / 207
  • フアラデー製本屋に傭はれて大理学者たらんを期す / 210
  • ヂスレリー宰相たらんことを期す / 212
  • フレーベル容易に附加雷同せず / 214
  • レギユラス信義を守りて復たび敵軍に帰る / 215
  • マツクレラン将軍の沈勇九死に一生を得 / 217
  • ローヅ金銭以上の目的の為めに金銭を積む / 220
  • ガリレオ曲学阿世を退けて一歩も譲らず / 222
  • アストル三条の誓を立てて郷関を出づ / 223
  • ワツト高誼に感じて厚俸を謝絶す / 225
  • ビツト過を改むるに憚らず / 227
  • プリンドレー自己の職業上に不可能をいはず / 229
  • ビスマーク善く@諠を忘れず / 231
  • ゴルドン将軍花園を耕して田圃となす / 233
  • グリーン業を大成せざれば瞑せず / 234
  • バリツト零砕なる時間を利用して学業を励む / 236
  • セワード克己して能く学業を遂ぐ / 240
  • ロスチヤイルド機慧敏捷一挙巨万の富を博す / 243
  • リンコルン自由の為めに政治上の大望を犠牲とす / 246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 修養逸話 : 東西
著作者等 物集 梧水
近藤 羗村
書名ヨミ シュウヨウ イツワ : トウザイ
出版元 精華堂
刊行年月 明44.4
ページ数 249p
大きさ 19cm
NCID BB15314080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40002279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想