子供演説 : 少年教育

篠田正作 (秋野散史) 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第四回 (水曜日)智育演説
  • 理は須らく究むべし 其儘岡内
  • 善に誇れば善ならず 鼻高四内
  • 揚震の四知 角師得内
  • 三人行へば必ず吾師あり 吉方雄
  • 静水は能く月影を映す 賤蟹四郎
  • 旧事旧物豈棄つべけんや 八国達成
  • 無二の人 外仁内
  • 智者は賢者の用 本野琴太
  • 第五回 (水曜日)智育演説
  • 物皆原因に勉めよ 本河大治
  • 三育必ず完備せざるべからず 欠手輪楢内
  • 能く利するものは亦能く害す 志方仲郎
  • 学は専修を尚ぶ 直矢専一
  • 幽魂不滅論 嘘蛇内三
  • 勉強の度は猶ほ蒸気馬力の如し 気尾漬菜斉
  • 須らく先づ己を鑒みよ 夫柄人太
  • 其身の資金は先づ精神上に投ずべし 真仁宗太
  • 第六回 (金曜日)智育演説
  • 難易説 篤戸考
  • 味噌の味噌臭きは味噌に非ず 未熟生
  • 婦女学なかるべからざる論 吾亦人成
  • 智は比較推理に発る 彼此◇
  • 後生畏るべし 舌尾巻蔵
  • 絶大の事業も一の着目試験に成る 多田注意
  • 便必しも便ならず時に不経済と為る 時戸場合
  • 餅は餅屋に買ふべし 曽礼我宜
  • 第七回 (土曜日)智徳両育演説
  • 実業は社会の本体 成程惣太
  • 良師を得たるを祝す 満足致
  • 緻密の心は学事の要 木丁面太
  • 先んずるときは人を制す 目先賀菊蔵
  • 虎穴に入らずんば虎子を得ず 度胸一
  • 謀警密ふるを尚ぶ 成丈包
  • 機警は能く難を免る 一言◇
  • 廃物利用説 至極宜
  • 吾老を老せよ 人野道太
  • 婦芸論 為尾計
  • 争論は成るべく減ずべし 実業勉
  • 国家教育を体せよ 国尾念
  • 路に聞て路に説くな 真津重秉
  • 堪忍は一生の宝 怒戸池内
  • 大馬鹿者の損知らず 忠告致
  • 忠恕道を違ること遠からず 人皆同
  • 過ては改むるに憚る勿れ 直丹四郎
  • 稼ぐに追付く貧乏無し 油断四内
  • 学校は田地の如し 真仁◇太
  • 万国一理の説 出菰同
  • 教師の一言一行は身の幸不幸に関す 子供正直
  • 礼は品格をたもつの本 筒志見名斉
  • 絶妙論 玉履狐太
  • 毫◇の差千里を謬る 始質大治
  • 慎で家声を墜すこと勿れ 宅野為太
  • 汽車と電信を見て感あり 成丈勉
  • 力めて全力を尽せ 真似琴蛇内
  • 実学の世の中 矢張惣太
  • 須く黙読すべし 静蟹四郎
  • 形言論 便利駄郎
  • 馭馬を見て感あり 普通亘
  • 無尽性論 築内物有
  • 労逸論 養生大治
  • 歴史は行為の鏡 美濃各務
  • 身体は精神の宿 熟々重秉
  • 言語は演習せざるべからず 心野◇
  • 必用理学の説 奈久茶楢内
  • 脩身科は自ら進ん受でくるに在り 水漢勉

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 子供演説 : 少年教育
著作者等 篠田 正作
篠田 適堂
書名ヨミ コドモ エンゼツ : ショウネン キョウイク
出版元 鍾美堂
刊行年月 明24.3
ページ数 123p
大きさ 17cm
NCID BB14899386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40001675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想