感染遊戯

誉田哲也 著

捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、製薬会社サラリーマンの殺人事件。息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、倉田修二がかかわることになった、二人の男女を襲った路上殺傷事件。姫川玲子班解体直前、殺人犯捜査第十係に所属していた葉山則之が担当した、世田谷の老人同士の小競り合い。事件の規模も様相もさまざまだが、共通している点が、ひとつあった。それは、被害者の個人情報を、犯人は何らかの手段で手に入れているらしきこと。事件の背後には何があるのか!?-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感染遊戯
著作者等 誉田 哲也
書名ヨミ カンセン ユウギ
書名別名 Infection Game
出版元 光文社
刊行年月 2011.3
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-334-92748-6
NCID BB05346466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21917633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想