サウンド・コントロール : 「声」の支配を断ち切って

伊東乾 著

ソクラテスを裁いた古代ギリシャ裁判員法廷と中世日本の武断統治。ナチス・ドイツのホロコーストとアフリカに蔓延するジェノサイド。そして現代日本のマルチメディア裁判員法廷、その死角-。行動する音楽家の驚くべきフィールドワークと、時と場所を越える自在な思考が描きだす、メディア、法、そして声のグローバル・ダイナミクス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 南へ一九九四/二〇〇七年、ルワンダ-草の上の合議(サバンナの裁判員
  • 雨のガチャチャ)
  • 第2部 西へ司教座と法廷-ローマからギリシャへ(ガリレオのメトロノーム
  • 官僚アンブロジウスの遠謀
  • 玉座は蜂を駆逐する)
  • 第3部 東へ白い砂の沈黙-日出づる国の審判で(石山本願寺能舞台縁起
  • 銀閣、二つのサイレンサー
  • 裁きの庭と「声」の装置)
  • 第4部 北へメディア被曝の罠を外せ!-サウンド・コントロールと僕たちの未来(確定の夜を超えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サウンド・コントロール : 「声」の支配を断ち切って
著作者等 伊東 乾
書名ヨミ サウンド コントロール : コエ ノ シハイ オ タチキッテ
書名別名 Saundo kontororu
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2011.3
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-653239-8
NCID BB05541213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21916194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想