思想の日本

高橋天涙 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 祖国上古の風喜ぶ可し
  • 理想の女性
  • 理想の男性
  • インドユーロピヤンとセミチツクとの文明の特色
  • (一) 其差異の根本的なるもの-人種の性情の不滅なること物理学上エネルギーの不滅なると同理なること
  • (二) 両人種の起原-有史以後の対立
  • (三) ヘプリユーとグリーキとの文学上の差異-其の哲学宗教上の思想の相違
  • (四) 両文明の調和成らんとす
  • (五) 外界と国民性との関係
  • 日本の民族心理を国史上にて観察す
  • (一) 東亜大陸文明を容れたる時代
  • (二) 孤立時代
  • (三) 欧洲文明を容れたる時代
  • 欧洲の精神的文化は如何にして同化せらるべきか-之を卜する所以の方法
  • 建国的元気と仰上の感情は国家の生命なり
  • 衰退的国家と隆盛的国家
  • 今日の日本は過渡期にありといふの真意義
  • 新国民倫理主義は何によりて形成せらるるか
  • 其の新主義の形成されし時わが国万般の有様は如何
  • 特に宗教は如何に変化すべきか-神道と仏教との経歴
  • 仏教の将来
  • 将来国民の宗教となり得るものの資格
  • 基督教拡布の前途-伝道に最良の方法
  • 基督教の栄ゆる分子と亡ぶる分子。

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 思想の日本
著作者等 高橋 天涙
書名ヨミ シソウ ノ ニホン
出版元 警醒社
刊行年月 明39.9
ページ数 126p
大きさ 19cm
NCID BA52651901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40000058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想