哲学汎論

三宅雪嶺 等著 ; 管野幹 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 総論の部
  • 哲学の範囲を論ず 帝国文学士 三宅雄次郎
  • 哲学定義 帝国文科大学卒業生 徳永満之
  • 印度哲学要領 学士会員 原坦山
  • 心理哲学の部
  • 倍因氏情意論の批評 原著 訳者 スペンセル 橋本武
  • 原因結果の説 原著 訳者 スペンセル 橋本武人
  • 普通総念の説 大学教授 外山正一
  • 倫理哲学の部
  • 斯道概論 岡本監輔
  • 論理哲学の部
  • 論理学の性質及範囲 文学士 坪井九馬三
  • 印度論理 因明緒言 雲英晃耀
  • 審美哲学の部
  • 粧飾論 原著 訳者 アメリヤ女史 橋本武
  • 社会哲学之部
  • 人類論 前大学総理 加藤弘之
  • 宗教哲学の部
  • 功利教を論ず 文学士 嘉納治五郎
  • 教育哲学の部
  • 教育哲学は実践学中の要地に措く可きを論ず 帝国文科大学卒業生 日高真実
  • 哲学叢談の部
  • 西洋哲学小史
  • 哲学道中記 文学士 井上円了

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 哲学汎論
著作者等 三宅 雪嶺
外山 正一
管野 幹
書名ヨミ テツガク ハンロン
書名別名 Tetsugaku hanron
出版元 哲学書房
刊行年月 明20.10
ページ数 242p
大きさ 19cm
NCID BA78963830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40000173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想