労働組合の実際

細谷松太 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • まえがき / 7
  • 第一章 組合の任務は何か / 10
  • 1. 組合の任務 / 10
  • 賣るものと買うもの
  • 團結はここから生れる
  • 敗戰後の組合活動はこうして始まつた
  • 今や再組織のときである
  • 第二章 組合はどう作るか / 19
  • 1. 昔の作り方、今の作り方 / 19
  • 組合に入るとクビが飛ぶ 昔の作り方
  • 組合法にもとづいて
  • 今も昔もかわらない組合の本領
  • まづこういうところから手をつける
  • 組合は眞の民主主義組織である
  • 綱領は組合の精神であり、活動の目標である
  • 信教、政黨加入は自由でなければならない
  • 2. 正しい組織、正しい運用 / 40
  • 一人も餘さず、一經營は一組合に
  • どんな人をどんな方法で幹部にえらぶか
  • 組合員の總意はどうまとめるか
  • 決議機關と執行機關
  • 會合のもち方とすすめ方
  • 3. 組合と專門部 / 56
  • 從業員組合は大きい團結の單位
  • 專門部を置いて活動を分擔すること
  • 第三章 組合の活動 / 60
  • 1. 今すべての勞働者に共通する要求はこれだ / 60
  • 働けるだけ食わせろ等五要求
  • 團體協約にこれだけは忘れるな
  • 經營協議會と組合の關係
  • 2. 爭議行爲 / 72
  • 鬪爭ということ
  • 要求書はこうしてまとめる
  • 要求書を出す前に
  • 交渉決裂、爭議指導ということ
  • ストライキ、怠業、生産管理
  • 解決のつけ方、解決後のしめくくり
  • 3. 日常の活動と事業 / 92
  • 職場の生活を明るくゆたかにせよ
  • 專門部の仕事
  • 4. 組合費と組合の基金は組合活動の基礎である / 108
  • 組合費は組合の生命
  • 鬪爭基金は鬪爭力のウラヅケ
  • 第四章 組合は手をつなぐ / 115
  • 1. 全國的産業別單一組合へ / 115
  • 共同鬪爭という意味
  • こうして一産業は一組合へ
  • 2. 戰線統一への行進 / 120
  • 戰線統一とは何か
  • 一つ一つの要求から全勞働者階級の要求へ
  • 3. 目標を世界勞働組合聯盟へ / 127
  • 世界の勞働者は手をさしのべる
  • 附録 勞働戰線統一のために / 133
  • 1. はしがき / 133
  • 2. 分裂主義とは何ぞや / 135
  • 3. 分裂主義と統一主義のけじめ / 144
  • 4. 組合と政黨との關係 / 150
  • 5. 統一のための條件 / 153
  • 6. むすび / 157

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働組合の実際
著作者等 細谷 松太
書名ヨミ ロウドウ クミアイ ノ ジッサイ
書名別名 Rodo kumiai no jissai
出版元 協同出版社
刊行年月 1948
ページ数 58p
大きさ 19cm
NCID BA46009528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48011122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想