図説魔女狩り

黒川正剛 著

中世末から近世にかけてのヨーロッパを狂乱の坩堝と化した魔女狩り。約5万人が犠牲になったこの現象はなぜ起きたのか。そして、魔女とは何だったのか。魔女とは誰か、なぜ彼らは迫害されたのか。当時の文化・社会に根ざした研究から、歴史の闇を照らし出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 魔女の原像(古代異教時代の「魔女」
  • キリスト教による異教と呪術の悪魔化 ほか)
  • 第2章 魔女狩りの始動(異端と魔女
  • 魔女像の結晶化と魔女狩りの始動 ほか)
  • 第3章 魔女狩りの時代としての近世(停滞する裁判
  • 宗教改革と魔女 ほか)
  • 第4章 魔女の実像(諸地域の魔女狩り
  • 魔女の具体像 ほか)
  • 第5章 魔女狩りの終焉(裁判手続きへの眼差し
  • 科学革命とデカルト的思考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説魔女狩り
著作者等 黒川 正剛
書名ヨミ ズセツ マジョガリ
書名別名 Zusetsu majogari
シリーズ名 ふくろうの本
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.3
ページ数 127p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-309-76161-9
NCID BB05439851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21914058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想