新・イギリス公共図書館史 : 社会的・知的文脈1850-1914

アリステア・ブラック 著 ; 藤野寛之 訳・解説

公共図書館の原点となる19世紀イギリスの公共図書館運動を、実証的に叙述。図書館法成立から第一次世界大戦までの歴史的文脈をたどる。思想的背景、図書館員、建築デザインなど幅広い視点からの研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 分析のためのモデルを求めて
  • 第2章 公共図書館の理想の基盤
  • 第3章 功利主義のはずみ車
  • 第4章 主たる先駆者:ユーワートとエドワーズ
  • 第5章 文化、物質主義と1849年の特別委員会:美術の文化的物質主義
  • 第6章 経済的関心:「有用」知識と政治経済学
  • 第7章 理想主義のはずみ車
  • 第8章 文化的関心:独善的中産階級の模索
  • 第9章 図書館員:その社会的任務と規制の理論
  • 第10章 建築:デザインの社会的要因
  • 第11章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・イギリス公共図書館史 : 社会的・知的文脈1850-1914
著作者等 Black, Alistair
藤野 寛之
ブラック アリステア
書名ヨミ シン イギリス コウキョウ トショカンシ : シャカイテキ チテキ ブンミャク 1850 1914
書名別名 A new history of the English public library

Shin igirisu kokyo toshokanshi
シリーズ名 阪南大学翻訳叢書 22
出版元 日外アソシエーツ
刊行年月 2011.2
ページ数 501p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8169-2302-9
NCID BB0495822X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21914641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想