社会科学の基礎理論 : 唯物史観の解説

住谷悦治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 無産階級的社會科學の意義 / 1
  • 第一節 階級的必要と社會科學 / 1
  • 第二節 無産階級的社會科學の特質 / 3
  • 第三節 無産階級的社會科學の優越性 / 6
  • 第四節 プロレタリア科學としての史的唯物論 / 8
  • 第二章 觀念論と唯物論 / 11
  • 第一節 プロレタリアの社會の學とマルクス主義哲學 / 11
  • 第二節 哲學の對象と任務 / 13
  • 第三節 哲學における唯物論・觀念論・折衷論 / 16
  • 第三章 辨證法的唯物論 / 24
  • 第一節 唯物論と辨證法 / 24
  • (一) 形而上學的唯物論とその批判 / 27
  • (二) 辨證法的觀念論とその批判 / 31
  • 第二節 辨證法的唯物論の特質 / 40
  • (一) 唯物論は必ず辨證法へ / 40
  • (二) 辨證法は必ず唯物論へ / 42
  • (三) 思惟と存在との實踐における統一 / 43
  • (四) ヘーゲル辨證法の顛倒 / 44
  • (五) 絶對的眞理への近接としての相對的眞理の承認 / 45
  • (六) 革命的である / 46
  • (七) 世界發展の合法則性の承認 / 47
  • 第三節 唯物史觀の要約 / 48
  • 第四章 合法則性の問題 / 53
  • 第一節 合法則性とは何か / 53
  • 第二節 偶然性と必然性-機械主義的理解と證法的理解 / 59
  • 第三節 歴史的必然と意志の自由 / 65
  • 第四節 社會史的過程の合法則性承認の階級的意義 / 73
  • 第五章 生産諸力と生産諸關係 / 76
  • 第一節 社會科學的分析の出發としての生産力 / 76
  • 第二節 生産諸關係とその歴史的概觀 / 80
  • 第三節 社會の構成と變革 / 84
  • 第六章 階級及び階級鬪爭の理論 / 89
  • 第一節 階級とは何か / 89
  • 第二節 階級・身分・職業の區別 / 94
  • 第三節 階級の發生・階級自體・自己のための階級 / 96
  • 第七章 私有財産制度の問題 / 102
  • 第一節 私有財産制度とは何か / 102
  • 第二節 私有財産の排他的所有・非所有關係 / 105
  • 第三節 私有財産制度と國家との關係 / 109
  • 第四節 私有財産制度の消滅過程と國家の消滅過程 / 114
  • 第八章 國家論 / 119
  • 第一節 國家の本質 / 119
  • 第二節 過渡的の國家-プロレタリアートの獨裁 / 123
  • 第三節 プロレタリアの半國家形態としてのソヴェート同盟 / 129
  • 第九章 イデオロギー論 / 135
  • 第一節 プロレタリア・イデオロギーの優越性 / 135
  • 第二節 イデオロギーの階級的性質 / 140
  • (一) イデオロギーとしての法律 / 141
  • (二) イデオロギーとしての經濟學 / 145
  • (三) イデオロギーとしての政治 / 152
  • (四) イデオロギーとしての道徳 / 157
  • (五) イデオロギーとしての藝術 / 161
  • (六) イデオロギーとしての宗教 / 165
  • (七) イデオロギーとしての哲學 / 173
  • 第十章 社會の發展の理論 / 178
  • 第一節 マルクス主義哲學の意義 / 178
  • 第二節 社會および文化の起源 / 182
  • 第三節 社會および文化の發展 / 191
  • (一) 經濟的土臺と上部構造 / 192
  • (二) プロレタリアートの歴史的役割 / 198
  • (三) 歴史における個人の役割 / 203
  • 第四節 唯物史觀-眞の社會科學 / 207
  • あとがき / 209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 社会科学の基礎理論 : 唯物史観の解説
著作者等 住谷 悦治
書名ヨミ シャカイ カガク ノ キソ リロン : ユイブツシカン ノ カイセツ
書名別名 Shakai kagaku no kiso riron
出版元 有恒社
刊行年月 1948
ページ数 212p
大きさ 19cm
NCID BN12026867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48011114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想