陸軍中野学校極秘計画 : 新資料・新証言で明かされた真実

斎藤充功 著

終戦までの七年間で総数二一三一名の謀報員を養成した「陸軍中野学校」。スパイ学校と喧伝されたこの機関の出身者が行った作戦の実態は未だ謎に包まれている。だが、謀報員たちの重い口がここに開かされた。新資料・新証言で明かされた驚愕の極秘計画の真相とは!?-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対支経済謀略工作(中国経済を壊滅せよ!
  • 杉工作の実態とは ほか)
  • 第2章 宮城占拠計画(近代史の一片が刻まれた「駿台荘」
  • 語られたクーデターの謀議の真相 ほか)
  • 第3章 皇統護持工作(戦後の国家再建構想から生まれた計画
  • 勝沼に疎開していた白北川宮道久王 ほか)
  • 第4章 GHQ潜入工作(陸軍中野学校の終焉
  • 遊撃戦の教官として迎えた終戦 ほか)
  • 第5章 マッカーサー暗殺計画(マッカーサー暗殺計画始動
  • 斎藤聡の証言 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陸軍中野学校極秘計画 : 新資料・新証言で明かされた真実
著作者等 斎藤 充功
書名ヨミ リクグン ナカノ ガッコウ ゴクヒ ケイカク : シンシリョウ シンショウゲン デ アカサレタ シンジツ
シリーズ名 学研新書 090
出版元 学研パブリッシング : 学研マーケティング
刊行年月 2011.3
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-05-404739-6
NCID BB06332241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21911504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想