保険国営の研究

末高信 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 保險國營の研究
  • 第一章 保險國營の意義 / 3
  • 第一節 保險國營の意義 / 3
  • 第一項 保險の國營と保險民營 / 3
  • 第二項 保險國營の意義 / 6
  • 第一目 筆者の見解 / 6
  • 第二目 保險國營の意義に關する學説とその批判 / 8
  • 第二節 保險國營の分類 / 14
  • 第二章 保險國營論の論據とその批判 / 20
  • 第一節 保險國營の歴史と現状 / 20
  • 第一項 古代に於ける保險國營 / 21
  • 第二項 中世に於ける保險國營 / 22
  • 第三項 近世に於ける保險國營 / 23
  • 第四項 現代に於ける保險國營 / 24
  • 第二節 保險國營の理論的根據とその批判 / 25
  • 第一項 保險國營の理論的根據 / 25
  • 第一目 諸學者の説くところの保險國營の論據 / 25
  • 第二目 保險國營の反對論 / 32
  • 第二項 保險國營の理論的根據とその檢討 / 36
  • 第一目 保險技術的根據 / 36
  • 第二目 經營經濟的根據 / 38
  • 第三目 國民經濟的根據 / 46
  • 第四目 財政的根據 / 47
  • 第五目 社會的根據 / 52
  • 第三節 保險國營の領域及限界 / 56
  • 第一項 保險國營の領域 / 56
  • 第一目 諸學者の説くところの保險國營の領域 / 57
  • 第二目 民營保險と國營保險の交渉 / 59
  • 第二項 保險國營の限界 / 62
  • 第一目 技術的及經營經濟的限界 / 69
  • 第二目 國民經濟的及社會的限界 / 71
  • 第三目 財政的限界 / 72
  • 第三項 保險國營の領域の決定 / 73
  • 第四節 我國最近に於ける生命保險國營論とその批判 / 74
  • 第一項 我國最近に於ける生命保險國營論の擡頭 / 74
  • 第一目 戰時體制と保險國營論 / 74
  • 第二目 林氏國營論の根據 / 76
  • 第二項 林氏國營論の批判 / 79
  • 第五節 結語 / 92
  • 第二篇 伊太利に於ける保險國營
  • 第一章 保險事業と國家との交渉 / 95
  • 第一節 伊太利に於ける保險國營の經驗 / 95
  • 第二節 保險事業に對する國家の責務 / 99
  • 第二章 伊太利の生命保險會社 / 109
  • 第一節 民營生命保險會社の發達とその現状 / 109
  • 第二節 民營保險會社の改善案 / 116
  • 第三章 生命保險國營の實現 / 122
  • 第一節 國營法の準備 / 122
  • 第二節 伊太利生命保險國營法の梗概 / 123
  • 第一項 生命保險の國營 / 123
  • 第二項 國營化せられざる保險施設 / 126
  • 第三項 國營保險以外の保險の取得に對する禁止 / 129
  • 第四項 執行機關 / 131
  • 第五項 財務規定 / 136
  • 第六項 差押禁止 / 138
  • 第七項 私營保險會社の現在契約の取消 / 139
  • 第八項 保險契約目録 / 140
  • 第九項 トンチン保險の禁止 / 143
  • 第十項 經過規定 / 145
  • 第四章 國營問題の批判 / 154
  • 第一節 國營賛成の意見 / 154
  • 第一項 カビアチ氏の論旨 / 154
  • 第二項 カビアチ氏に對する批判 / 157
  • 第二節 國營反對論 / 162
  • 第一項 ゴツビ氏の意見の要旨 / 162
  • 第二項 ナヴアラ氏の意見の要旨 / 166
  • 第三節 折衷論 / 169
  • 第五章 損害賠償問題 / 173
  • 第一節 生命保險の國營化と民營保險事業の賠償 / 173
  • 第二節 民營保險事業に對する賠償 / 178
  • 第一項 民營保險事業に對する現實の賠償 / 178
  • 第二項 賠償問題に對する諸家の見解 / 181

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 保険国営の研究
著作者等 末高 信
書名ヨミ ホケン コクエイ ノ ケンキュウ
書名別名 Hoken kokuei no kenkyu
出版元 千倉書房
刊行年月 1938
ページ数 193p
大きさ 19cm
NCID BN11439544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48012666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想