ルネサンス文化史 : ある史的肖像

エウジェニオ・ガレン 著 ; 澤井繁男 訳

ルネサンスとは何であるか、が絶えず問われている。過ぎさった歴史ではなく、現代につながるものとして、現代人にとっての新しいルネサンス像がここにある。哲学・科学・教育・美術・文学・印刷術・図書館など、一三章にわたって論じられたさまざまな考察は、著者ガレンの卓抜な見識・学殖と相俟って、読者に大きな知的刺激を与えるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ルネサンスと文化
  • 新しい時代という意識
  • 古典の発見
  • ギリシア人とルネサンスの起源
  • 人文主義とルネサンス-連続か対立か
  • 図書館と印刷術の発明
  • 新しい教育
  • 政治的省察に関する主題と問題-現実の都市と理想の都市
  • 批判と宗教的刷新の動機
  • 新しい哲学-人間と自然の賞揚
  • 新しい科学-人間と世界の認識
  • 人文主義文化と国民文学
  • 美術-建築、彫刻、絵画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンス文化史 : ある史的肖像
著作者等 Garin, Eugenio
沢井 繁男
澤井 繁男
ガレン エウジェニオ
書名ヨミ ルネサンス ブンカシ : アル シテキ ショウゾウ
書名別名 La cultura del Rinascimento
シリーズ名 平凡社ライブラリー 724
出版元 平凡社
刊行年月 2011.2
ページ数 302p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76724-7
NCID BB04860045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21913127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想