外国為替の理論と実務

神野正雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 外國爲替の意義 / 1
  • 第二章 外國爲替取引の發生原因 / 5
  • 第三章 外國爲替市場の形成 / 12
  • 第四章 外國爲替相場 / 18
  • 第一節 外國爲替の複雜性 / 18
  • 第二節 從來の爲替學説 / 19
  • 一 國際貸借説 / 20
  • 二 購買力平價説 / 21
  • 三 爲替心理説 / 22
  • 四 その他 / 24
  • 第三節 平價切下げの意義 / 28
  • 第四節 法定平價の意義 / 31
  • 第五節 爲替相場の計算法 / 40
  • 第六節 爲替相場の均衡 / 42
  • 第七節 爲替相場の建て方 / 44
  • 第八節 爲替相場の種類 / 46
  • 第五章 外國爲替銀行の機能と實務 / 52
  • 第一節 外國爲替銀行の機能 / 52
  • 第二節 外國爲替銀行の實務 / 54
  • 一 輸出爲替 / 54
  • 二 輸入爲替 / 75
  • 三 送金爲替 / 77
  • 四 信用状 / 79
  • 第三節 外國爲替銀行の取引處理と損益計算 / 90
  • 一 外貨の受拂處理 / 90
  • 二 爲替持高の調整 / 93
  • 三 爲替銀行の損益 / 96
  • 第六章 外國爲替政策 / 99
  • 第一節 その必要、意義 / 99
  • 第二節 その内容 / 102
  • 第三節 今後の爲替政策 / 108
  • 第四節 國際通貨基金 / 112
  • 一 その意義 / 112
  • 二 基金の構造 / 113
  • 三 その目的 / 114
  • 四 その加入 / 116
  • 五 その運營 / 116
  • 第五節 國際復興開發銀行 / 122
  • 第七章 最近の爲替事情 / 130
  • 第一節 世界の爲替事情 / 130
  • 一 金本位制への復歸 / 130
  • 二 各國爲替相場の現況 / 131
  • 三 各國爲替相場の不均衡 / 134
  • 四 米國景氣下降の影響 / 136
  • 五 國際通貨基金の動向 / 139
  • 第二節 わが國の爲替事情 / 143
  • 一 單一爲替相場成立まで / 143
  • 二 單一爲替相場の影響 / 145
  • 三 九原則と單一爲替相場との關係 / 148
  • 四 圓安論と圓高論 / 149
  • 五 ドツヂ公使來日以來の動向 / 152
  • 六 單一相場と貿易の振興 / 153
  • 七 今後の動向 / 156

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 外国為替の理論と実務
著作者等 神野 正雄
書名ヨミ ガイコク カワセ ノ リロン ト ジツム
シリーズ名 理論と実務叢書
出版元 経営評論社
刊行年月 1949
版表示 4版
ページ数 160p
大きさ 18cm
NCID BN10716387
BN14141822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49009312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想