ナチス戦時経済体制研究

菊池春雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 緒論 ナチス戰時經濟體制への道 / 1
  • 第一章 序説 / 3
  • 第二章 第一次四箇年計畫 / 6
  • 第三章 所謂「國防經濟」 / 19
  • 第四章 第二次四箇年計畫 / 38
  • 第五章 國防經濟體制上の若干の進展 / 52
  • 第六章 結語 / 63
  • 第二編 戰時經濟行政機構及機能の再編成 / 67
  • 第一章 總説 / 69
  • 第二章 戰時總動員機構の確立 / 83
  • 第一節 「最高國防會議」の新設 / 83
  • 第二節 「國防委員」・「國防參事會」・「國防受託官の新設」 / 87
  • 第三章 戰時經濟行政の整備 / 93
  • 第一節 序説 / 93
  • 第二節 中央機構 「戰時經濟最高協議會」 / 96
  • 第三節 地方機構 「地區經濟廳」・「州(縣)食糧廳」・「山林木材廳」及「經濟局」・「食糧局」 / 99
  • 第四節 戰時經濟に於ける國家的經濟行政と商工經濟團體との協力 / 107
  • 第五節 補説 / 111
  • 第四章 戰時行政の簡易化 / 114
  • 第五章 「國防經濟企畫廳」の戰時任務及「兵器大臣」の任命 / 119
  • 第六章 結語 / 124
  • 第三編 戰時財・經政策の基本體制 / 129
  • 第一章 總説 / 131
  • 第二章 戰時財政體制 / 136
  • 第一節 序説 / 136
  • 第二節 戰時税體制 / 140
  • 第一項 所得税戰時附加税 / 140
  • 第二項 各種嗜好品消費税戰時附加税 / 143
  • 第三節 公共團體戰時負擔の強化 / 145
  • 第四節 補説 / 147
  • 第三章 戰時勞賃體制 / 154
  • 第四章 戰時物價體制 / 168
  • 第五章 結語 / 192
  • 第四編 國民消費生活の戰時體制 / 197
  • 第一章 總説 / 199
  • 第二章 開戰直後の暫行的生活必需品消費規制 / 228
  • 第一節 總説 / 228
  • 第二節 食糧品 / 237
  • 第三節 石鹸類 / 243
  • 第四節 家庭用石炭 / 246
  • 第五節 紡織製品及靴類 / 252
  • 第三章 農畜産物の國家管理制 / 261
  • 第一節 緒説 / 261
  • 第二節 管理機關 / 271
  • 第三節 管理關係 / 278
  • 第四節 管理品目 / 285
  • 第五節 購買切符の態樣 / 302
  • 第六節 食糧消費割當量 / 305
  • 第七節 食糧の「消費指導要項」 / 315
  • 第八節 結語 / 322
  • 第四章 生活必需工業製品の本格的消費規制 / 325
  • 第一節 緒説 / 325
  • 第二節 生活必需工業品の一般的消費規制關係 / 326
  • 第三節 個別的消費規制關係 / 333
  • 第一項 紡織製品 / 333
  • 第二項 靴類 / 362
  • 第三項 石鹸類 / 367
  • 第四項 家庭用石炭 / 374
  • 第五章 統一的消費規制罰則の確立 / 377
  • 第六章 結語 / 381
  • 第五編 結論 ナチス戰時經濟體制の特徴 / 387
  • 附録・歐洲戰爭とナチス戰時體制の進展 戰時經濟主要法令索引 / 401

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ナチス戦時経済体制研究
著作者等 菊池 春雄
書名ヨミ ナチス センジ ケイザイ タイセイ ケンキュウ
書名別名 Nachisu senji keizai taisei kenkyu
出版元 東洋書館
刊行年月 1940
ページ数 421p
大きさ 22cm
NCID BN04262740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48012630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想