史的唯物論

古在由重 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • I 準備のために
  • 1 史的唯物論とはなにか / 1
  • 史的唯物論ということば / 1
  • 自然の歴史と人間の歴史 / 2
  • 人間、歴史、社會 / 3
  • 2 マルクス主義の骨ぐみ / 6
  • マルクス主義の三つの源泉 / 7
  • a ドイツ古典哲學 / 8
  • b イギリス古典經濟學 / 9
  • c フランス社會主義 / 10
  • 政治、經濟、思想についての諸理論 / 10
  • マルクス主義の三つの構成部分 / 13
  • 3 マルクス主義哲學の骨ぐみ / 14
  • 自然、社會、思惟 / 14
  • 自然辯證法、史的唯物論、辯證法的唯物論 / 16
  • 史的唯物論と辯證法的唯物論とのつながり / 17
  • II 戰爭について
  • 1 まちがつた戰爭觀 / 22
  • 本能や自然力による説明 / 23
  • 戰爭の歴史的な性格 / 26
  • 觀念論的な戰爭觀の一例 / 27
  • 機械論的な戰爭觀の一例 / 29
  • 2 唯物論的な戰爭觀の一例 / 31
  • 日本帝國の膨張力 / 32
  • 侵略的な日本資本主義 / 34
  • 軍事的・警察的な天皇制 / 36
  • 戰爭の起因 / 38
  • 戰爭の敗因 / 40
  • 3 軍の歴史とはなにか / 45
  • 軍制や戰法の變化 / 46
  • 規律や道徳の變化 / 47
  • 社會の縮圖 / 49
  • III 歴史をおしすすめるもの
  • 1 『以前の諸理論は人民大衆の行動をまつたくかえりみなかつた』(レーニン) / 52
  • 個人と歴史 / 53
  • 英雄と民衆 / 55
  • だれが歴史をになうか / 58
  • だれが歴史をかいたか / 60
  • 2 『社會發展の歴史は勤勞大衆の歴史である』(スターリン) / 64
  • 物質的財貨の生産 / 65
  • 物質的なものと精神的なもの / 69
  • 社會の生産力 / 72
  • 人々の生産關係 / 74
  • 勤勞大衆こそ最大の生産力 / 78
  • 3 『社會發展の歴史は數世紀のあいだに交代する生産樣式の歴史である』(スターリン) / 82
  • 歴史の法則 / 83
  • 原始共同體 / 90
  • 奴隷制 / 92
  • 封建制 / 94
  • 資本主義 / 98
  • 社會主義 / 105
  • 4 『これまでのすべての社會の歴史は階級鬪爭の歴史である』(マルクス・エンゲルス) / 120
  • 階級とはなにか / 121
  • 社會主義社會における階級 / 124
  • 階級鬪爭とはなにか / 128
  • その歴史的な必然性 / 130
  • 資本主義社會における階級鬪爭 / 138
  • 國家の階級性 / 146
  • 『革命は歴史の機關車である』(マルクス) / 155
  • 暴力と法律 / 159
  • ブルジョア獨裁かプロレタリア獨裁か / 163
  • 5 恒久平和のために / 174
  • 歴史における戰爭 / 175
  • 戰爭を階級鬪爭の觀點から / 179
  • 戰爭の階級性について / 181
  • 平和の階級性について / 186
  • 「平和」は戰爭へ / 189
  • 鬪爭をとおして平和へ / 190
  • IIII 理論と實踐
  • 1 『一つの時代の支配的觀念はいつも支配階級の觀念にすぎなかつた』(マルクス・エンゲルス) / 196
  • イデオロギーとはなにか / 197
  • 支配的觀念の魔力について / 199
  • 精神の自由をうばうもの / 204
  • ヒューマニズムとインテリゲンチヤ / 207
  • イデオロギーの鬪爭 / 211
  • 2 『史的唯物論は人間の社會的意識から獨立な社會的存在をみとめる』(レーニン) / 215
  • 社會における觀念的なものと物質的なもの / 216
  • 意識のせまさについて / 218
  • 物質的かつ社會的ということについて / 221
  • 社會的存在から社會的意識を / 224
  • 3 『社會的意識は社會的存在を反映する』(レーニン) / 227
  • 反映とはどういうことか / 228
  • イデオロギーのはたらき / 231
  • その獨自な意義と役割 / 233
  • 理論と實踐との統一へ / 236
  • 4 史的唯物論の定式 / 238

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 史的唯物論
著作者等 古在 由重
書名ヨミ シテキ ユイブツロン
シリーズ名 ナウカ講座 ; 第2
出版元 ナウカ社
刊行年月 1949
ページ数 241p
大きさ 18cm
NCID BN1078007X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49007045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想