日本経済の前途

一万田尚登, 大内兵衛 共述 ; 有沢広己 司会

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 インフレーションの回想 / 7
  • 日本インフレーションの真因 / 8
  • インフレーションの進展に対する問題 / 17
  • インフレーションと資本蓄積 / 27
  • 第二部 ドッジラインとディスインフレーション政策 / 35
  • ドッジラインの狙いは安定か復興か / 36
  • ディスインフレーション政策とは何か / 40
  • ドッジラインとこれを実行する政治力 / 51
  • ドッジラインの下における金融政策 / 53
  • 企業合理化の意味とその必要 / 57
  • 金融の産業支配ということはあり得るか / 64
  • 第三部 ポンドの切下げと円の将来 / 73
  • ポンド切下げの事情 / 74
  • ポンド切下げの基本的原因は何か / 86
  • ポンド切下げ直前におけるクリップスの態度 / 89
  • ポンドの切下げ率が一般の予想より高かつた理由 / 91
  • 円の切下げは行うべきか / 96
  • 企業合理化と貿易条件の改善 / 105
  • 第四部 シャウプ税制改革勧告 / 111
  • 銀行預金利子に対する課税方式の可否 / 112
  • 平衡交付金と小額所得者保護の問題 / 116
  • 資産再評価 / 119
  • 第五部 経済復興の速度 / 121
  • 日本経済復興遅延の理由-国内的要因 / 122
  • 日本経済復興遅延の理由-対外的要因 / 127
  • 第六部 昭和二十五年の日本経済 / 131
  • 昭和二十五年度予算に何を望むか / 132
  • 公共事業費の望ましい使途 / 136
  • 民間外資流入の見込みはあるか / 144
  • 安定恐慌はいつまで続くか / 148
  • 「対談」後記・有沢広己 / 155

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本経済の前途
著作者等 一万田 尚登
労働文化社
大内 兵衛
有沢 広巳
有澤 廣巳
有沢広己 司会
一万田尚登 大内兵衛
書名ヨミ ニホン ケイザイ ノ ゼント
書名別名 Nihon keizai no zento
出版元 労働文化社
刊行年月 1949
ページ数 158p 図版
大きさ 19cm
NCID BN04914229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49011609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想