ルンペン社会の研究

宮出秀雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序説-浮浪階級の意義 / 17
  • 第二章 資本主義社会と浮浪者層の成立 / 21
  • 第一節 小経営者の没落 / 21
  • 第二節 プロレタリアートの成立 / 25
  • 第三節 産業予備軍と失業者の死重 / 27
  • 第四節 ルンペン・プロレタリアの発生 / 32
  • 第三章 ルンペン・プロレタリアの特質 / 35
  • 第一節 生産関係からの離脱 / 35
  • 第二節 社会的寄生性 / 45
  • 第三節 反動性 / 47
  • 第四章 我国に於ける浮浪者層成立史 / 52
  • 第一節 浮浪者の発生 / 52
  • 第二節 江戸時代の浮浪者 / 54
  • 第三節 明治年間に於ける浮浪者 / 57
  • 第四節 大正年間に於ける浮浪者の生態 / 61
  • 第五節 昭和初期に於ける浮浪者の生態 / 73
  • 第六節 終戦後に於ける浮浪者の生態 / 89
  • 第五章 酷貧者層の成立とその生態 / 93
  • 第一節 失業と酷貧階級の成立 / 93
  • 第二節 酷貧者社会の特質 / 118
  • 第六章 戦後のルンペン・プロレタリヤ / 148
  • 第一節 終戦後に於ける浮浪者の実態 / 148
  • 第二節 戦後東京に於ける浮浪者の生態 / 150
  • 第三節 浮浪者社会の支配関係 / 185
  • 第四節 浮浪者の性生活 / 189
  • 第七章 浮浪児の問頭 / 194
  • 第一節 戦後浮浪児の成立基盤 / 194
  • 第二節 東京都に於ける浮浪児の生態 / 204
  • 第三節 大坂市に於ける浮浪児の生態 / 206
  • 第四節 浮浪児の結合 / 212
  • 第五節 浮浪児の発生する社会的根拠 / 217
  • 第八章 「ヤミの女」の問題 / 222
  • 第一節 問題の所在 / 222
  • 第二節 「ヤミの女」の歴史 / 226
  • 第三節 岡場所とヤミの女 / 232
  • 第四節 闇の女の成立基盤 / 237
  • 第五節 ヤミの女の生態 / 244
  • 第六節 ヤミの女と性生活 / 258
  • 第七節 ヤミの女の結合 / 263
  • 第八節 ヤミの女とその対策 / 268
  • 第九節 ヤミの女の更生と勤労婦人 / 277
  • 第九章 農村に於けるルンペン・プロレタリヤ / 284
  • 第一節 農業の資本主義化とルンペンの増加 / 284
  • 第二節 農村に於けるルンペンの生態 / 286
  • 第十章 東亜及び北米に於けるルンペンの差異 / 294
  • 第一節 アジア的生産様式と東亜のルンペン / 294
  • 第二節 朝鮮に於ける東亜的ルンペン / 295
  • 第三節 米国に於けるルンペンの特色 / 299
  • 第十一章 ルンペン・インテリゲンツイア / 302
  • 第一節 知識階級の成立と分解 / 302
  • 第二節 ルンペン・インテリゲンツイアの特色 / 305
  • 第三節 ルンペン・インテリゲンツイアとルンペン・プロレタリア / 308
  • 第四節 ルンペン・インテリの成立の場 / 310
  • 第五節 ルンペン・インテリケンツイアの反動性 / 313
  • 第十二章 結論 / 317

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ルンペン社会の研究
著作者等 宮出 秀雄
書名ヨミ ルンペン シャカイ ノ ケンキュウ
書名別名 Runpen shakai no kenkyu
出版元 改造社
刊行年月 1950
ページ数 324p
大きさ 19cm
NCID BN10309463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49013299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想