インフレ終束と日本経済

水谷啓二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • まえがき
  • 第一部 インフレーション終束期の経済動向
  • 第一章 インフレーション終束に至る過程 / 13
  • 第二章 金詰りの深刻化とその原因 / 31
  • 第三章 農業景気の解消と農村経済の実態 / 45
  • 第四章 問題をおこした復金とその解消 / 62
  • 第五章 外資導入と日本経済 / 70
  • 第二部 九原則の具体化と新経済政策
  • 第一章 九原則が指令された理由とその実施上の根本問題 / 87
  • 第二章 経済安定に関するドッジ氏の見解 / 95
  • 第三章 二十四年度予算と国民経済 / 105
  • 第四章 二十四年度予算の特長と内容 / 110
  • 第五章 予算に関するドッジ氏声明の内容 / 138
  • 第六章 インフレーション終束期の資金計画 / 152
  • 第七章 日銀改組の意義と政策委員会の役割 / 158
  • 第八章 対日援助見返資金の役割と運用 / 166
  • 第九章 単一為替三百六十円レート設定の意義と影響 / 176
  • 第三部 戦後経済の総合的観察
  • 第一章 敗戦による損害と経済基盤の変化 / 189
  • 第二章 戦後財政の分析 / 213
  • 第三章 通貨、物価の動向 / 235
  • 第四章 重要産業の生産回復状況 / 273
  • 第五章 戦後貿易の概観 / 298
  • 統計 / 313

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 インフレ終束と日本経済
著作者等 水谷 啓二
書名ヨミ インフレ シュウソク ト ニホン ケイザイ
書名別名 Infure shusoku to nihon keizai
出版元 冬芽書房
刊行年月 1949
ページ数 318p
大きさ 19cm
NCID BN12220247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49005118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想