私(わたし)たちが星座を盗んだ理由

北山猛邦 著

恋のおまじないに囚われた女子高生の物語『恋煩い』、絶海の孤島にある子供たちの楽園の物語『妖精の学校』、孤独な詐欺師と女性をつなぐケータイの物語『嘘つき紳士』、怪物に石にされた幼なじみを愛し続ける少年の物語『終の童話』、七夕の夜空から星座を一つ消した男の子女の子の物語『私たちが星座を盗んだ理由』。これぞミステリの醍醐味全てはラストで覆る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私(わたし)たちが星座を盗んだ理由
著作者等 北山 猛邦
書名ヨミ ワタシタチ ガ セイザ オ ヌスンダ リユウ
書名別名 私たちが星座を盗んだ理由

Watashitachi ga seiza o nusunda riyu
シリーズ名 講談社ノベルス キI-05
出版元 講談社
刊行年月 2011.3
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-182748-6
NCID BB08083738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21909339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想