サイバースペースはなぜそう呼ばれるか+ : 東浩紀アーカイブス 2

東浩紀 著

これまでの情報社会論を大幅に書き換えた「サイバースペースはなぜそう呼ばれるか」を中心に、九〇年代に東浩紀が切り開いた情報論の核となる論考をはじめ、斎藤環、村上隆、法月綸太郎との対談を収録。ポストモダン社会の思想的可能性は、すべてここに詰まっている!文庫版オリジナル構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サイバースペースはなぜそう呼ばれるか
  • 論考(精神分析の世紀、情報機械の世紀-ベンヤミンから「無意識機械」へ
  • 想像界と動物的通路-形式化のデリダ的諸問題
  • スーパーフラットで思弁する)
  • 対話(精神分析の世界-斎藤環との対話
  • 可視的なものの世界-村上隆との対話
  • 謎解きの世界-法月綸太郎との対話)
  • 特別インタビュー 九〇年代を振りかえる-あとがきにかえて2

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイバースペースはなぜそう呼ばれるか+ : 東浩紀アーカイブス 2
著作者等 東 浩紀
書名ヨミ サイバー スペース ワ ナゼ ソウ ヨバレルカ + : アズマ ヒロキ アーカイブス
書名別名 Saiba supesu wa naze so yobareruka +
シリーズ名 河出文庫 あ20-2
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.3
ページ数 472p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41069-2
NCID BB05182336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21909051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想