社会政策概説

近藤文二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 / 1
  • 第一章 分配政策と生産政策 / 3
  • 一 生産政策理論としての大河内理論 / 3
  • 二 社會政策における階級的壓力 / 9
  • 三 社會政策の學問的性質 / 11
  • 四 「資本論」的立場 / 14
  • 第二章 いわゆる本源的な社會政策 / 19
  • 一 「社會政策」という言葉 / 19
  • 二 社會政策と社會事業 / 21
  • 三 マニュファクチュアの段階における勞働者政策 / 24
  • 四 浮浪者に對する殘虐な立法 / 26
  • 五 イギリスにおける勞働立法の嚆矢 勞働時間の延長 / 30
  • 六 勞賃の強制引下げ / 34
  • 七 「本源的社會政策」の矛盾 / 36
  • 八 勞働力の原生的蓄積への諸立法 / 39
  • 第三章 標準勞働時間制の本質 / 42
  • 一 資本の本質 / 42
  • 二 勞働時間の延長 / 44
  • 三 勞働時間の限界 / 46
  • 四 過度勞働は何を意味するか / 49
  • 五 機械に對する抗爭 / 51
  • 六 チャーティスト運動 / 52
  • 七 近代的勞働時間制限法 一八三三年法 / 56
  • 八 一八四四年法と婦人勞働の保護 / 59
  • 九 標準勞働時間制の經濟的必然 / 60
  • 一〇 標準勞働時間制と社會的必然 / 63
  • 第四章 近代工場制生産における兒童及婦人勞働の役割 / 65
  • 一 マニュファクチュア段階における兒童・婦人勞働 / 65
  • 二 熟練勞働者と不熟練勞働者 / 67
  • 三 機械の使用による社會總雇傭量の増加 / 69
  • 四 機械制と婦人・兒童勞働の必然性 / 71
  • 五 婦人・兒童勞働の増加と一般勞賃の低下 / 75
  • 六 勞働力の磨滅逃亡 / 78
  • 第五章 最低勞賃制の社會的・經濟的基盤 / 81
  • 一 二つの勞賃引下げ方法 / 81
  • 二 いわゆる能率増進と勞賃形態 / 83
  • 三 時間拂勞賃の生成過程 / 90
  • 四 テーラーと科學的經營法 / 93
  • 五 出來高拂勞賃の本質 / 97
  • 六 苦汗制度と最低勞賃制 / 102
  • 七 オーストラリヤにおける最初の最低勞賃制 / 107
  • 八 最低勞賃制の社會的基盤 / 112
  • 九 イギリスにおける最低勞賃制 / 115
  • 一〇 最低勞賃制の經濟的基盤 / 119
  • 第六章 勞働組合の登場 / 125
  • 一 勞働組合の起源に關する論爭 / 125
  • 二 共濟組合の衣の下に結成された勞働組合 / 128
  • 三 一七九九年の團結禁止法 / 133
  • 四 フランシス・プレースの役割 團結禁止法の撤廢 / 137
  • 五 勞働組合の本質 / 141
  • 六 Trade UnionとTrades Union / 146
  • 七 資本制經濟下における勞働組合 社會政策の一手段としての勞働組合 / 150
  • 第七章 ドイツ社會政策と社會保險 / 154
  • 一 ドイツ社會政策のマグナ・カルタ / 154
  • 二 ビスマルクの社會保險計畫 / 158
  • 三 勞働者年金保險の成立 / 162
  • 四 社會保險の政治的効果とハイマンの社會保險觀 / 166
  • 五 一九一一年 ドイツ社會保險の統一とイギリス國民保險法 / 171
  • 六 勞働者災害補償制度と健康保險 / 177
  • 七 失業保險の登場 / 182
  • 八 社會保險の意圖と分類 / 187
  • 九 社會保險と勞働力保全 / 192
  • 第八章 恒久的失業と社會政策の限界 / 200
  • 一 失業理論をめぐるピグーとケインズ / 200
  • 二 イギリスにおける失業率 / 203
  • 三 摩擦的・景氣的及び構造的失業 / 208
  • 四 相對的過剩人口の種々の實存形態 / 211
  • 五 イギリスの場合 「保險」と「救濟」の分離 / 216
  • 六 ドイツの場合 ナチス社會保險改革の本質 / 220
  • 七 經濟的限界 / 223
  • 八 社會的限界 / 229
  • 第九章 社會保障への途 / 234
  • 一 アメリカ社會保障法の成立 / 234
  • 二 アメリカ型「社會保障」の本質 / 237
  • 三 ビヴァリッヂ案の性格 / 240
  • 四 イギリス型社會保障とソ聯型社會保障 / 245
  • 五 社會政策の終焉 / 250
  • 參考文獻 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 社会政策概説
著作者等 近藤 文二
書名ヨミ シャカイ セイサク ガイセツ
書名別名 Shakai seisaku gaisetsu
出版元 碓氷書房
刊行年月 1949
ページ数 261p
大きさ 22cm
NCID BN05167905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49002639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想