近世財政思想史

高木寿一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 近世財政思想の発生段階 / 1p
  • 一 序説 / 1p
  • 二 近世国家の成立と財政との関係 / 3p
  • 三 近世財政思想に於けるボーダンの地位 / 6p
  • 第二章 第十七世紀に於ける英国の財政思想 / 11p
  • 一 重商主義財政論と政治的発展 / 11p
  • 二 ホツブスの政治思想と租税論 / 22p
  • 三 ウイリアム・ペテイの財政思想と政治算術 / 26p
  • 四 ロツクの社会契約説と租税転嫁論 / 35p
  • 第三章 第十八世紀前期に於けるフランスの財政思想 / 49p
  • 一 ボアギルベールとヴオーバン / 49p
  • 二 モンテスキューの財政思想 / 57p
  • 第四章 カメラリズム-特にユスチの財政論 / 65p
  • 第五章 ケネーの経済理論と租税論-フランスの人権宣言 / 79p
  • 第六章 アダム・スミスに於ける経済学と財政学説の結合過程 / 93p
  • 一 近代財政学説の出発点-国富論 / 93p
  • 二 国家経費の「不生産性」 / 97p
  • 三 経済的自由主義と君主の利益との調和 / 102p
  • 四 自由主義国家の職分 / 108p
  • 第七章 スミスの経費・租税・公債論 / 111p
  • 一 経費論 / 111p
  • 二 租税原則論 / 123p
  • 三 公債論 / 132p
  • 四 英帝国の財政分担 / 141p
  • 第八章 セエの財政学説 / 147p
  • 第九章 リカアドオの租税・公債理論 / 155p
  • 第十章 自由産業資本主義の政治的結果とパーネルの財政改革論 / 173p
  • 一 一八三二年の選挙法改正 / 173p
  • 二 パーネルの財政改革論 / 178p
  • 第十一章 自由主義財政学説の完成と転換 / 193p
  • 一 マカロックの租税論 / 193p
  • 二 J・S・ミルの財政学説の出発点 / 200p
  • 三 ミルの平等犠牲説 / 210p
  • 四 ミルの公債論 / 216p
  • 十二章 ハインリッヒ・ラウの財政学説 / 225p
  • 一 第十九世紀前期に於けるドイツの財政学説 / 225p
  • 二 ラウの経費論 / 229p
  • 三 租税・公債論 / 235p
  • 第十三章 リストとロッシア / 243p
  • 一 リストの生産力理論と国家経費の生産性 / 243p
  • 二 ロッシアの国家経済学講義 / 258p
  • 第十四章 カアル・デイツェルの生産説 / 263p
  • 第十五章 シュタイン。シェフレ。ワクナアによるドイツ財政学の発展 / 275p
  • 一 シュタインの財政学と再生産説 / 275p
  • 二 シュフレの社会経済的財政理論 / 286p
  • 三 近代財政学説に於けるワグナアの地位 / 292p
  • 第十六章 ワクナアの経費・租税・公債理論 / 299p
  • 一 国家経費論 / 299p
  • 二 租税概念と租税原則論 / 322p
  • 三 公債及び財源選択論 / 336p
  • 第十七章 近代財政学の主流と其現実的妥当性に対する反省 / 349p
  • 一 近代財政学の主流とその到着点 / 349p
  • 二 純粋理論的財政学の要求 / 364p
  • 三 財政の社会経済的重要性と既成財政理論の現実性 / 374p
  • 四 財政社会学-イェヒトとズルタン / 393p
  • 第十八章 一九二〇年代に於ける英米の財政学説 / 405p
  • 一 近代英国に於ける財政思想 / 405p
  • 二 ピグーの財政理論 / 409p
  • 三 ダルトンとシラス、スタンプ / 416p
  • 四 コルウィン報告書その他 / 427p
  • 五 スノーデン。ケエンズ / 435p
  • 六 一九二〇年代の米国に於ける財政学 / 439p
  • 第十九章 マルクス主義財政論の特徴 / 453p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世財政思想史
著作者等 高木 寿一
書名ヨミ キンセイ ザイセイ シソウシ
出版元 北隆館
刊行年月 1949
ページ数 469p
大きさ 19cm
全国書誌番号
48001136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想