ウラジーミル・ソロヴィヨフ : 幻視者・詩人・哲学者

御子柴道夫 著

ウラジーミル・ソロヴィヨフ(1853‐1900)は誠実に時代と斬り結んだ思想家として、ドストエフスキイ、象徴派の詩人など、多くの文学者に深甚な影響を与えた。広範な資料を読み込み、このスケールの大きな哲学者・詩人の多面的な素顔をあますところなく描き出す、ソロヴィヨフ研究の第一人者による渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 此方で(黎明-一八五〇、六〇年代
  • 曙光-一八七〇年代
  • 烈日-一八八〇年代
  • 夕映え-一八九〇年代)
  • 第2部 彼方で(信仰
  • ソフィヤ
  • エロス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウラジーミル・ソロヴィヨフ : 幻視者・詩人・哲学者
著作者等 御子柴 道夫
書名ヨミ ウラジーミル ソロヴィヨフ : ゲンシシャ シジン テツガクシャ
書名別名 Urajimiru soroviyofu
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.2
ページ数 336, 10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022215-0
NCID BB05245378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21906891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想