民事訴訟読本

最高裁判所事務総局民事局 編

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 1p
  • 第一 司法制度のあらまし / 1p
  • 一 新憲法と司法権 / 1p
  • 二 裁判所の種類とその権限 / 5p
  • 三 裁判官の資格 / 12p
  • 四 裁判官以外の職員と檢察官 / 13p
  • 第二 訴の提起 / 15p
  • 一 訴 / 15p
  • 二 訴狀の提出 / 33p
  • 三 訴狀の提出を要しない場合 / 58p
  • 四 訴狀の受理とその審査 / 60p
  • 第三 訴狀受理後口頭弁論までの手続 / 62p
  • 一 期日 / 62p
  • 二 期間 / 65p
  • 三 送達 / 67p
  • 四 口頭弁論の準備 / 75p
  • 第四 民事訴訟法の諸原則 / 81p
  • 一 公開主義 / 82p
  • 二 弁論主義 / 83p
  • 三 口頭主義 / 85p
  • 四 直接審理主義 / 87p
  • 五 職権進行主義 / 88p
  • 六 自由心証主義 / 89p
  • 第五 口頭弁論の手続 / 91p
  • 一 口頭弁論とは / 91p
  • 二 当事者の弁論の内容 / 93p
  • 三 口頭弁論期日における当事者の欠席 / 96p
  • 四 裁判所の訴訟指揮と釈明権 / 98p
  • 五 口頭弁論調書 / 101p
  • 第六 訴訟係属中の新訴の提起と補助參加 / 106p
  • 一 訴の変更 / 106p
  • 二 中間確認の訴 / 107p
  • 三 反訴 / 109p
  • 四 參加と引受 / 110p
  • 五 補助參加 / 114p
  • 第七 訴訟手続の停止 / 116p
  • 一 中断 / 117p
  • 二 中止 / 120p
  • 第八 証拠と証拠調 / 121p
  • 一 証明の必要 / 121p
  • 二 証拠方法 / 126p
  • 三 証拠調手続 / 128p
  • 第九 簡易裁判所における訴訟手続の特則 / 139p
  • 一 簡易裁判所の性格 / 139p
  • 二 訴訟手続の簡易迅速を図るための特則 / 140p
  • 三 司法委員 / 146p
  • 第十 訴訟手続の終了 / 147p
  • 一 終局判決 / 147p
  • 二 訴の取下 / 147p
  • 三 請求の放棄・認諾 / 149p
  • 四 和解の成立 / 150p
  • 五 脫退 / 152p
  • 第十一 裁判 / 152p
  • 一 裁判とは / 152p
  • 二 裁判の種類 / 153p
  • 三 判決 / 154p
  • 第十二 判決の効力 / 161p
  • 一 形式的確定力 / 161p
  • 二 旣判力 / 162p
  • 三 執行力 / 164p
  • 四 形成力 / 164p
  • 五 廣義の執行力 / 165p
  • 第十三 訴訟費用の裁判と仮執行の宣言 / 166p
  • 一 訴訟費用の裁判 / 166p
  • 二 仮執行の宣言 / 169p
  • 第十四 不服申立の方法 / 170p
  • 一 上訴制度の意義 / 170p
  • 二 控訴 / 172p
  • 三 上吿 / 176p
  • 四 抗吿 / 180p
  • 五 再審 / 183p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民事訴訟読本
著作者等 最高裁判所
最高裁判所事務総局民事局
書名ヨミ ミンジ ソショウ ドクホン
書名別名 Minji sosho dokuhon
出版元 法曹会
刊行年月 1949
ページ数 185p 表
大きさ 22cm
NCID BN06671467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49003903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想