経済学全集  第2集 (国民経済講話)

福田徳三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一卷 總論 / 1
  • 第一編 序論 / 1
  • 第一章 今日の文明生活に於ける經濟の意義 / 1
  • 第二章 經濟の本質 / 19
  • 第三章 自足經濟と流通經濟 / 33
  • 第四章 經濟と云ふ語と思想の成立 / 47
  • 第五章 流通經濟の本質 / 60
  • 第六章 貨幣經濟及營利經濟 / 83
  • 第七章 經濟學の意義・分科・硏究法及發達 / 108
  • 第二編 國民經濟の組織 / 157
  • 第八章 國民經濟を組織なりと云ふことの眞意 / 157
  • 第九章 國民經濟の成立 / 168
  • 第十章 經濟の種類 / 200
  • 第十一章 國家と國民經濟 / 212
  • 第三編 經濟行爲の根本觀念 / 246
  • 第十二章 目的行動と風俗習慣 / 246
  • 第十三章 價値・價格及貨幣價値 / 268
  • 第二卷 生産論 / 299
  • 第四編 企業・土地及人口 / 299
  • 第十四章 經濟本論の内容 / 299
  • 第十五章 生產の意義及形態 / 317
  • 第十六章 營利・營業及職業 / 339
  • 第十七章 企業の意義及任務 / 379
  • 第十八章 土地の不變性と可變性 / 401
  • 第十九章 耕作法及土地改良 / 428
  • 第二十章 土地收穫の增加殊に收穫遞減の法則 / 450
  • 第二十一章 人口の增加殊にマルサス氏人口の法則 / 481
  • 第五編 勞働 / 563
  • 第二十二章 生產の自然要素と文化要素 / 563
  • 第二十三章 勞働の意義 / 577
  • 第二十四章 勞働の種類 / 607
  • 第二十五章 勞働力の大小 / 629
  • 第二十六章 勞働能率(効程)の根本要件 / 639
  • 第二十七章 勞働時間と能率 / 678
  • 第二十八章 勞働能率の第二次要件並に勞働最能限率 / 725
  • 第二十九章 勞働制度 / 747
  • 第三十章 勞働の組織 / 793
  • 第六編 資本及組織 / 859
  • 第三十一章 資本の意義及本質 / 859
  • 第三十二章 資本の起源・增殖及種類 / 979
  • 第三十三章 經營の大小 / 1026
  • 第三十四章 經營の形態及其發達 / 1051
  • 第三十五章 經營と企業 / 1109
  • 第三十六章 企業の形態及其發達 / 1118
  • 第三十七章 株式會社の本質・起源・機關・任務及利害 / 1143
  • 第三十八章 公企業 附 公經濟及公營造物 / 1227
  • 第三十九章 組合の意義・任務及種類 / 1267
  • 第四十章 經濟組合と企業組合 / 1305

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学全集
著作者等 福田 徳三
書名ヨミ ケイザイガク ゼンシュウ
巻冊次 第2集 (国民経済講話)
出版元 同文館
刊行年月 大正14
ページ数 1348, 35p
大きさ 19cm
全国書誌番号
43049516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想