化学熱力学 : 自由エネルギーの理論とその応用

水谷嘉之 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 自由エネルギーの槪念
  • 第一章 緖論
  • 1-1.緖論 / 1p
  • 第二章 自由エネルギーの槪念
  • 2-1.熱力學 / 3p
  • 2-2.熱力學の第一法則 / 3p
  • 2-3.狀態量 / 5p
  • 2-4.可逆行程と不可逆行程 / 7p
  • 2-5.熱力學の第二法則 / 9p
  • 2-6.恒溫變化 / 10p
  • 2-7.自由エネルギーと束縛エネルギー / 16p
  • 2-8.恒溫恒容不可逆變化の方向 / 20p
  • 2-9.恒壓自由エネルギー / 21p
  • 2-10.エントロピー / 27p
  • 2-11.總括 / 32p
  • 第二編 理想氣體及び理想溶液の自由エネルギー
  • 第三章 化學反應に於ける自由エネルギー
  • 3-1.化學反應に於ける自由エネルギー / 35p
  • 3-2.或る溫度に於ける自由エネルギー / 37p
  • 3-3.標準狀態及び標準自由エネルギー / 37p
  • 3-4.自由エネルギーの單位 / 39p
  • 3-5.態種と自由エネルギー / 41p
  • 第四章 或る溫度に於ける自由エネルギー
  • 4-1.自由エネルギーの種々の求め方 / 44p
  • 4-2.起電力より求める方法 / 44p
  • 4-3.平衡恒數より求める方法 / 59p
  • 4-4.エントロピーより求める方法 / 65p
  • 4-5.代數的加算により求める方法 / 95p
  • 4-6.化學構造近緣な物質の自由エネルギーより求める方法 / 98p
  • 第五章 任意溫度の自由エネルギー
  • 5-1.緖說 / 101p
  • 5-2.或る溫度の⊿Fより他の溫度の⊿Fを求める方法 / 101p
  • 5-3.ネルンストの近似式 / 111p
  • 第六章 狀態の變化に依る自由エネルギーの變化
  • 6-1.狀態變化に依る自由エネルギーの變化 / 126p
  • 6-2.熱力學的關係式 / 126p
  • 6-3.自由エネルギーの壓力による變化 / 133p
  • 第七章 溶液の熱力學
  • 7-1.微分的分子狀態量 / 139p
  • 7-2.微分的分子狀態量の關係式 / 141p
  • 7-3.微分的分子エンタルピー / 145p
  • 7-4.微分的分子狀態量の求め方 / 148p
  • 7-5.溶液中の熱力學 / 153p
  • 7-6.理想溶液 / 156p
  • 第三編 實際の氣體及び溶液の自由エネルギー
  • 第八章 フユガシティー
  • 8-1.不安定傾向 / 163p
  • 8-2.フュガシティー / 165p
  • 8-3.フュガシティーの求め方 / 170p
  • 8-4.液體及び固體のフュガシティー / 187p
  • 8-5.混合氣體のフュガシティー / 190p
  • 8-6.フュガシティーの溫度變化 / 191p
  • 8-7.實在氣體の自由エネルギーとフュガシティー / 194p
  • 第九章 活量
  • 9-1.活量 / 200p
  • 9-2.標準狀態 / 202p
  • 9-3.活量の求め方 / 206p
  • 9-4.他の成分の活量より一成分の活量を求める方法 / 227p
  • 9-5.活量の溫度及び壓力による變化 / 236p
  • 9-6.平衡恒數と活量 / 242p
  • 9-7.溶媒と化合物を作る溶質の活量 / 244p
  • 第十章 電解質の活量
  • 10-1.電解質の活量 / 246p
  • 10-2.電解質 / 246p
  • 10-3.弱電解質の解離 / 247p
  • 10-4.强電解質の活量 / 257p
  • 10-5.活量係數 / 260p
  • 10-6.强電解質の活量の求め方 / 265p
  • 10-7.混合溶液中の電解質の活量 / 286p
  • 10-8.イオンの活量係數 / 292p
  • 10-9.電解質溶液の化學反應の自由エネルギーの求め方 / 294p
  • 第四編 自由エネルギーの應用
  • 第十一章 化學に於ける自由エネルギーの應用
  • 11-1.化學に於ける自由エネルギーの應用 / 305p
  • 11-2.平衡及び方向の決定 / 305p
  • 11-3.外部へ利用出來る仕事量 / 306p
  • 第十二章 多相平衡
  • 12-1.二相の平衡壓力の溫度變化 / 308p
  • 12-2.相律 / 312p
  • 第十三章 化學變化の方向
  • 13-1.化學變化の方向 / 317p
  • 13-2.觸媒 / 319p
  • 第十四章 平衡恒數
  • 14-1.平衡恒數 / 322p
  • 14-2.壓力平衡恒數及び濃度平衡恒數との關係 / 323p
  • 14-3.平衡恒數の溫度による變化 / 326p
  • 14-4.氣體反應の平衡 / 328p
  • 14-5.不均一系の平衡 / 332p
  • 14-6.ネルンストの近似式 / 335p
  • 14-7.平衡時の反應達成度圖 / 338p
  • 14-8.反應達成度に對する反應條件の影響 / 340p
  • 14-9.同時反應の平衡 / 342p
  • 14-10.實際の反應達成度 / 343p
  • 14-11.收率 / 344p
  • 第十五章 電氣化學
  • 15-1.電氣化學に於ける自由エネルギーの應用 / 346p
  • 15-2.電池の構成 / 346p
  • 15-3.電池の起電力 / 349p
  • 15-4.電氣分解 / 351p
  • 附錄 / 355p~368p
  • 索引 / 1p~5p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化学熱力学 : 自由エネルギーの理論とその応用
著作者等 水谷 嘉之
書名ヨミ カガク ネツリキガク : ジユウ エネルギー ノ リロン ト ソノ オウヨウ
出版元 丸善
刊行年月 1949
ページ数 368p
大きさ 22cm
NCID BN02964736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49011298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想