マルクス全集  第1巻 第1冊

福田徳三 校註 ; 高畠素之 等訳

[目次]

  • 標題
  • 資本論 第一卷 第一册 目次 / 1p
  • 校註者題言 / 1p
  • 譯者序 / 1p
  • 原著者第一版序 / 1p
  • 原著者第二版序 / 2p
  • 編輯者第三版序 / 27p
  • 編輯者第四版序 / 33p
  • 第一卷 資本の生產行程 / 1p
  • 第一篇 商品及び貨幣 / 1p~288p
  • 第一章 商品 / 1p
  • (一)商品の二因子、使用價値及び價値(價値の實體、價値の大小) / 1p
  • (二)商品に體現したる勞働の二重性質 / 14p
  • (三)價値形態、卽ち交換換價値 / 27p
  • (四)商品の魔術性及び其の秘密 / 76p
  • 第二章 交換行程 / 104p
  • 第三章 貨幣、即ち商品流通 / 123p
  • 第二篇 貨幣の資本化 / 229p~296p
  • 第四章 貨幣の資本化 / 229p
  • (一)資本の一般公式 / 229p
  • (二)一般的公式の矛盾 / 249p
  • (三)勞働力の賣買(『自由勞働者』-勞働力の價値-『勞働力』なる商品の特殊なる性質) / 274p
  • 第三篇 絕對的餘剩價値の生產 / 297p~590p
  • 第五章 勞働行程及び價値增殖行程 / 297p
  • (一)勞働行程(勞働對象、原料及び勞働要具-生產機關-生產的消費-資本家の勞働力消費行程としての勞働行程) / 297p
  • (二)價値增殖行程(勞働力の價値と、勞働行程に於ける其價値增殖とは大さを異にす-價値增殖行程資本の創生) / 315p
  • 第六章 不變資本及び可變資本 / 344p
  • 第七章 餘剩價値の率 / 369p
  • (一)勞働力の搾取程度 / 369p
  • (二)生產物價値の生產物の比例分に於ける表現 / 386p
  • (三)シーニヨアの『最終時間』說 / 392p
  • (四)餘剩生產物 / 406p
  • 第八章 勞働日 / 408p
  • (一)勞働日の限界 / 408p
  • (二)餘剩勞働に對する熱求。工場主とボヤール / 418p
  • (三)勞働搾取に對する法律上の制限なき英國諸產業(レース製造業-製陶業-燐寸製造業-壁紙製造業-パン燒業-鐵道經營-婦人服製造業-鍛冶業) / 436p
  • (四)晝間勞働及び夜間勞働。交代制度(冶金及び金屬工業) / 467p
  • (五)標準勞働日に就ての鬪爭。十四世紀中葉より十七世紀終末に至る勞働日延長の强制法律(勞働者の健康及び壽命に對する資本の無關心-英吉利の勞働者諸法規-十七世紀大工業時代に至る迄の勞働時間制限) / 487p
  • (六)標準勞働日に就ての鬪爭。勞働時間の强制的法定制限。一八三三年より同六四年に至る英吉利の工場立法(一八三三年の條例-一八四四年の條例-一八四七年の條例-一八五〇年の條例-絹物工場-捺染工場-染物工場及び漂白工場) / 517p
  • (七)標準勞働日に就ての鬪爭。英國工場法が他諸國に及ぼせる反作用 / 561p
  • 第九章 餘剩價値の率と量 / 572p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス全集
著作者等 Marx, Karl
福田 徳三
高畠 素之
書名ヨミ マルクス ゼンシュウ
書名別名 Marukusu zenshu
巻冊次 第1巻 第1冊
出版元 大鐙閣
刊行年月 1920
ページ数 12冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
48013711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想