支那古代史論

飯島忠夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序論 / 1
  • 第二章 支那古代天文學の性質 / 5
  • 第三章 宇宙生成論と太一陰陽五行 / 6
  • 第四章 星座と其の名稱 / 31
  • 第五章 日月五星の運行と十二辰十二次二十八宿 / 48
  • 第六章 冬至點 / 73
  • 第七章 觀測の器械 / 82
  • 第八章 曆法 / 95
  • 第九章 干支及び其の異名 / 115
  • 第十章 北斗及び南中星 / 135
  • 第十一章 古曆の六種と[原曆」 / 149
  • 第十二章 太初曆と三統曆 / 180
  • 第十三章 歲首及び閏月 / 203
  • 第十四章 蝕の週期 / 211
  • 第十五章 木星紀年法 / 218
  • 第十六章 曆法と易 / 225
  • 第十七章 曆法と音律 / 234
  • 第十八章 曆法と數學 / 241
  • 第十九章 天文曆法と星辰崇拜 / 249
  • 第二十章 天文曆法の職掌 / 259
  • 第二十一章 古代天文學の成立年代 / 268
  • 第二十二章 支那と西方との宇宙生成論天文學曆法等の比較 / 292
  • 第二十三章 古代に於ける東西の交通と戰國時代の支那學界 / 342
  • 第二十四章 戰國時代の記錄に於ける天文曆法(秦記呂氏春秋及び竹書紀年) / 366
  • 第二十五章 春秋の天文曆法 / 378
  • 第二十六章 左傳國語の天文曆法 / 395
  • 第二十七章 書經詩經の天文曆法 / 418
  • 第二十八章 古代の遺物の銘文等に於ける天文曆法 / 449
  • 第二十九章 結論 / 458
  • 附論
  • 印度の古曆と吠陀成立の年代 / 465
  • 圖版
  • 南宋天文圖(本文三八頁參照) / 卷末
  • 星圖(本文三九頁參照) / 卷末
  • 一 紫微垣
  • 二 大微垣
  • 三 天市垣
  • 四 天律
  • 五 閣道
  • 六 五車
  • 七 軒轅
  • 附論 印度の古曆と吠陀成立の年代 目次
  • 一 序論
  • 二 印度古曆の三時期
  • 三 第三期の曆法の特徵
  • 四 吠陀以後の天文學
  • 五 二十七宿成立の年代
  • 六 二十七宿の傳來
  • 七 吠陀の天文學とRig‐Vedaの成立

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那古代史論
著作者等 飯島 忠夫
書名ヨミ シナ コダイ シロン
シリーズ名 東洋文庫論叢 ; 第5
出版元 東洋文庫
刊行年月 1925
ページ数 541p 図版8枚 表
大きさ 27cm
NCID BN13923275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53008492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想