蕪村句集講義  3

内藤鳴雪, 正岡子規, 高浜虚子, 河東碧梧桐 ほか著 ; 佐藤勝明 校注

明治36年4月に、5年の歳月を要して鳴雪らの『蕪村句集』輪講は完結。その前年の秋、子規は死の床にあってなお発言を続けた。子規が最後に伝えたことは何か。第3巻:秋之部。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蕪村句集講義
著作者等 佐藤 勝明
内藤 鳴雪
正岡 子規
河東 碧梧桐
谷口 蕪村
高浜 虚子
書名ヨミ ブソン クシュウ コウギ
シリーズ名 東洋文庫 804
巻冊次 3
出版元 平凡社
刊行年月 2011.2
ページ数 319p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80804-9
NCID BB04167767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21911726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想